オンライン講座の準備は説明力強化になる!(1)

【授業研究】オンライン授業用に色々な形で教材作成にチャレンジしています。そこで面白いことに気が付きました。2つあります。1つは「話し方の早さ」について、2つ目は「コンパクトな説明」についてです。

 第1の「早さ」について。斉藤孝氏は「早口で話す方が誰にとっても理解しやすい」と書いています。これは私の経験上も同じです。現場の先生たちには以下を強調しています。

・少し早口で話す。

・繰り返しはしない。

・思い付きの「昔話」や「自慢話」もしない。

・「えー」「あー」も言わない。

 ところが、私が教材を作ってみるとびっくり。自分自身がこれらを実践していないことに気が付きました。パワポのスライドを記録させる方法で説明しながらスライド送りをし、ポインターを動かしています。ひと通り記録し終わってから、視聴すると「遅い!」のです。聞いていて飽きてしまいます。しかも、しばしば「えー」「あー」を言っています。かなりショックでした。

 私が講師として話している時にそんなことはほとんどありません。それは何回も講演の録音テープを聞いて確認済みです。なぜか?考えました。たぶん「スライドを読んでいる」からです。或いは「ポインターを動かす」からです。

 「スライドを読む」のは正確に伝えたいからです。しかし、その意識が強すぎると「さっきどこまで説明したかな?」「次はどのひとまとまりを説明しようかな?」などと、話そうとしているストーリーとは別のことに意識が飛びます。この瞬間に「えー」「あー」と言っています。また、その結果がいつもより「ゆっくり」になってしまうようです。これはいけないと気が付いて記録をやり直しました。

 パワポのこのシステムの良いところは「音声録音を1スライドごとに記録・修正できる」ということです。聞き直して気に入らないスライドのところだけ録音し直しています。共同作業をしている先生から届いたスライドは無駄なく説明が録音されていて、びっくりしました。「うまいなあ~」と嫉妬してしまいます。

 別件で電話もらったときにその点を聞いてみると「いえいえ、私も聞き直して滅茶苦茶で焦りました。あれは10回くらい吹き込み直した結果ですよ」とのこと。この時も「1スライドごとにやり直せるので楽でした」ということでした。

 つまり、オンライン講座用にデータをつくる作業は授業者の「説明力強化」にとても役に立つということです。10~20分間かそれ以上の説明をスラスラと説明するのは大変なことです。TEDでも有名なジョブスのパフォーマンスは社内で秘密練習を繰り返した結果です。そんなことで時間をかけるより、修正をかけて整理できたパワポ動画で説明する方が良い気がします。例えば「では、10分間の説明を教科書を見ながら聴いてください。終了後に質問を受けます」として動画を流せばよさそうな気がします。これにより、コンパクトな説明を実現し、説明時間が伸びてしまうという問題を是正できそうです。更に説明を聞いている時の生徒たちの様子を観察することもできます。

 この方法を継続指導している学校に提案していこうと思います。[この項続く]

◎「アクティブラーニング入門3(小林昭文著/産業能率大学出版部)」は

 こちら→https://www.amazon.co.jp/dp/4382057744/

f:id:a2011:20190822064657p:plain

◎お問い合わせ、研修会講師等のご依頼はこちらへとうぞ。

  →akikb2★hotmail.com ★をアットマークに替えてください。

新天地は大変そう‥

【授業研究】知り合いのF先生は数年前に私の著作の内容について質問をいただいたことが契機で、その後あれこれと情報交換をしています。色々な事情があり、別の県に移動して新しい学校での生活を始めるとのことでした。その新しい学校に出勤して初めての土日ということで、久々に連絡を取って近況をやりとりしました。無理やり勧めてZOOMで楽しみました。そこで気になることがありました。

 F先生は私がやっていた授業と似たような授業を実践し、成果をあげました。その授業は校内でも県内でも注目され高い評価を受けていました。しかし、県が替わるとそんなことは誰も知りません。それはそれでよいのですが、「どんな授業をやっていたの?」と尋ねられて「グループワーク主体でやっていた‥」と答えると冷ややかな反応だったいうことでした。

 違和感を持ちつつ少しずつ探っていくと「授業改善の雰囲気なんか全くないんでよ~」「それなりの伝統校で皆さんは誇りをもって熱心に仕事をしているようなのですが、授業方法や生徒指導の仕組みは古色蒼然です~」とのこと。F先生にとっては前途多難な再出発になりそうです。

 ZOOMで話しながら検索をかけていくと、私が授業改善を手掛けた埼玉県立越ヶ谷高校と偏差値や進学実績ではさほどの違いはなさそうです。それなら、F先生が鍛えてきた授業方法はうまく行くだろうというのが私の推測です。乗り掛かった舟なので、丁寧にバックアップしていくことを約束して話を終わりました。どんな成果が上がるか楽しみです。

◎「アクティブラーニング入門3(小林昭文著/産業能率大学出版部)」は

 こちら→https://www.amazon.co.jp/dp/4382057744/

f:id:a2011:20190822064657p:plain

◎お問い合わせ、研修会講師等のご依頼はこちらへとうぞ。

  →akikb2★hotmail.com ★をアットマークに替えてください。

学生の負担が軽く楽しく学べるオンライン講座の準備

【授業研究】COVIT-19の影響で大学の授業が大変なことになっています。私が担当していた大学の授業はもう一人の担当の方も一緒に退職してしまったので、後任の先生の負担はとても大きいものになってしまいました。14回授業のうち4回はオンラインでカバーすることになりましたが、それ以上の回数もオンラインになる可能性もあるので、準備をせよと指示が出ているようです。

 そこで私が手伝うことにしました。もとになる説明用のpptデータや練習問題・解答解説などは全て持っていますから、これらをどうオンライン講座にしていくかです。一部では先生たちが続々と「レポートに替える」といううわさ話も出ています。これは学生にとっては、とてつもない負担になります。何科目分もの教科書や資料を読みレポートを書き提出するとなると、ものすごいストレスになりそうです。下手をすればコピペが横行しそうです。それは避けたいものです。

 そこで後任の人にオンライン授業のモデルをつくり上げて、その作り方を教えるために、退職して1週間もたっていないのに大学に出かけました。長年のお付き合いの皆さんのいる事務室に行って「おはようごさいます。受付してください」というと「え?どうしたんですか?」「部外者だからね~」「ああ、そうですね~」などのやりとりをしながら、「ゲスト」のネームブートをぶら下げて後任の先生の研究室へ向かいます。

 モデルとして作成したオンライン講座用のデータはpptに音声・レーザーポインターの動き・スライド送りのタイミングを記録させています。学生がサーバーからダウンロードしてスタートボタンを押せば始まります。

 内容は次のステップです。「1 前回の復習(小テスト・解答解説)」「2 新しい分野の解説と演習(例題の説明を聞いてワークシートに答案を書き込む、を繰り返す)」「3 答案の撮影と提出(手書きの答案をスマホ等で撮影してサーバー上に提出)」、これで終了です。時間は、「準備・撮影・提出等に10分間」「復習テストと解説確認・修正等で20分間」「解説は全部で25分間」「答案作成は15分間×3回=45分間」、合計で約100分間。通常の大学授業の時間と同じです。これ以外にテキストを購入させているので学生が自主的にそれらをもとに調べたり更に練習問題を解いたりすることも可能です。これまでリアル授業で行っていた時とほぼ同じ授業と学習の質を維持できると言えそうです。

 これを後任の先生に研究室で見てもらいました。大喜びです。「わかりやすい」「ねむくならない」「連続視聴時間は短いから、次をやる気になる」「手書きを提出させるとコピペもできないし、学生も手を動かすから理解が深まる」‥と大喜びしてくれました。「‥‥でも、こんなのどうやってつくるの?私にできるかなあ?」と不安な様子です。

 「はい、大丈夫ですよ。私も最初は少し戸惑いましたが、あれこれ探って理解できました。パワポで説明している時と同じです。コツはコンパクトな説明、少し早口、繰り返さない、えーあーを言わない‥などです」‥これらは最近、授業改善指導の際に多くの先生たちに指導していることです。つまり、リアルでの説明が下手な先生にとっては、オンライン講座用のデータ作成は難しいということです。これを逆手にとって、オンライン講座準備をしながら説明スキルをブラッシュアップすることも可能になりそうです。録音に失敗しても1スライドごとに修正をすればよいので、気が楽です。

 ということで伝達は終了。実は私は学生たちがこの動画を基にした学習を数人ずつ協働してやてくれないかなあ~と期待しています。PCの前で一緒に視聴して問題を解くときには質問したり教えたりすれば、1人でやるより楽しくやれるし、学習の質も上がるからです。ZOOMを使ってパワポの説明を共有してみて、問題を解くときはZOOM上で話し合ったり、お互いの答案を見せ合ったりすれば、リアルのグループワークと同様に取り組むこともできます。学生時代にZOOMに習熟することで就職してからも役に立つはずです。

 さてさて、私のつくったモデル・データはどのように活用されるのか、楽しみです。

◎「アクティブラーニング入門3(小林昭文著/産業能率大学出版部)」は

 こちら→https://www.amazon.co.jp/dp/4382057744/

f:id:a2011:20190822064657p:plain

◎お問い合わせ、研修会講師等のご依頼はこちらへとうぞ。

  →akikb2★hotmail.com ★をアットマークに替えてください。

「朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり」

【授業研究】久しぶりに本格的なグループ体験をしました。とても刺激的で、大きな学びの始まりの予感があり、これからが楽しみになりました。

 私は35歳で高校教員になりましたが、しばらくしてからカウンセリングの勉強を始めました。そのトレーニングはグループワークを多用するものでした。「1対1」のカウンセリング・スキルよりも、グループの方が「教師のスキル」には役立ちそうだと感じた私は、途中からグループトレーニングを中心に学ぶようになっていきました。

 そのころはやり始めた「構成的グループエンカウンター」、ロジャーズの大発明と言われる「非構成的エンカウンターグループ」、色々と問題を起こしたと言われる「ST訓練」「感受性トレーニング」「Tグループ」などを学びづけました。それぞれの分野のトップクラスの指導者に直接手ほどきしてもらえる機会を得たことは実にありがたい経験でした。一時は、それらを専門として研究職に転身しないかという有難いお誘いもいただきましたが、お断りしていました。

 それはカウンセリングを学び始めたきっっかけは「教師になるため」だったからです。最初のころに私が感じていた「教師になる」の中身は、教科指導ができて、担任指導ができて、生徒指導ができるというイメージでした。プロのカウンセラーや大学の研究者は当日の私が目指す「教師になる」とはかけ離れていました。

 そこで「現場の教師である」ことにこだわり続けて管理職も断り、ひたすら「授業者・担任」としての実践を続けました。それでようやく定年退職直前に満足の行く高校物理授業を実現できました。これが世の中から注目され、授業改善を専門に仕事とするところにまでつながったわけです。そんなプロセスの中でふと気が付くと、40歳前後から本格的に取組んで学び続けてきたグループ・トレーニングからは遠ざかっていました。昨日は久々に本格的なグループ・トレーニングに参加しました。それもオンラインで。

 私にとっては遅い時間のトレーニングは刺激的でした。頭は冴えわたりとても寝付けない状態でした。昔は都内で学んでそのテンションを冷ますために、仲間と食事と酒を楽しみ、最終電車で語り続けて帰っていました。これが良い振り返りであり、手ごろなクールダウンになっていました。オンライン講座はこのクールダウンの「ルーティン」を持ちにくいのが欠点かもしれません。そこで久々にアルコール。気持ちよく酔うことができました。

 何より自分自身を見つめ直すためのトレーニングですが、今の自分の仕事に引き付けて考えることもしてしまいます。最近の私は「授業改善」をテーマに多くの先生たちを指導し、「新しい授業」を実践するスキルの分析はかなり整いました。誰の授業でもうまくできると自信はついてきました。しかし、その発想は「スキル偏重」に陥る可能性もないとは言えません。この部分補うためには、この種のトレーニングを組み込む必要性を感じ始めていました。

 しばらく続く連続講座です。第一夜が終わったばかりです。良いタイミングで、昔からの知り合いに素晴らしいお誘いをいただきました。コロナ騒ぎの中で「死」を意識した直後の学びは貴重でした。次の言葉を思い出しました。

「朝(あした)に道を聞かば夕べに死すとも可なり」(論語・里仁)

◎「アクティブラーニング入門3(小林昭文著/産業能率大学出版部)」は

 こちら→https://www.amazon.co.jp/dp/4382057744/

f:id:a2011:20190822064657p:plain

◎お問い合わせ、研修会講師等のご依頼はこちらへとうぞ。

  →akikb2★hotmail.com ★をアットマークに替えてください。

「一大事とは今日只今のことなり」

【授業研究】志村けんさんが亡くなったのはショックでした。大喜劇王の死というだけではなく、同年代だからです。彼は1950年2月生まれですが、私は1952年8月生まれです。でも、彼は愛煙家で私はタバコは吸わないし酒もそれほど飲まないし、彼はBCG接種義務化の前に生まれ私は義務化のあとに生まれたし‥などと思っていました。その後、もっと若い有名人やスポーツ選手の感染が続々と報道されました。小池知事が「それらの人がみんな『まさか私がかかるとは思わなかった』と言っている。それが問題」と発言しました。どきりとしました。

 私もまさに「まさか私が」と感じていました。他人事(ひとごと)のように情報を集め、推理小説を読むように分析と推理を楽しんでいました。これでは罹患したら「まさが私が?」と思いながらそのまま死ぬかもしれません。志村氏は転院した時点で意識がなく、そのまま最後まで意識がなかったという報道もあります。それは辛い。

 「誰からうつされるかわからない」「自分が誰かにうつすかもしれない」と考えなくてはならないのだと、ようやく他人事ではなく、自分のこととしてとらえることができるようになりました。夜の飲食店での濃厚接触が多いのもどきりとしました。バーやナイトクラブなどに出入りしているわけではありませんが、「経済が回らないのはいけないから、飲みに行こう」と人を誘っていました。3.11とは次元の違う危機なのだとようやく理解できてきました。

 予定していた研修会講師は大半が中止・延期になっていますが、「3つの密」を避けて実施する研修会もあります。「うつらないように・うつさないように」しなくてはなりません。日本以外の元首が「戦争なのだ」と発言していることの意味も、ようやく自分のこととして受け止めることができてきました。今はまず「生き延びる」ことが大目的なのだと。「生き延びたら復活できるのだから」ととらえるべきなのだと。無差別空襲の下で逃げ惑うのと同じことなのだと。

 ある知人のメールに遅れて返信したら「死んだのではないかと心配した。とりあえず生きていることが分かってよかった」との返事。世の中はそういう時期なのだと感じました。それに対して「私の生存証明はブログ」「そうだった!」とやりとりしました。

 では死んだときは?色々な準備も必要です。それもにらみつつ、研修会の準備、雑誌の原稿作成、ビジネス開始の基礎作り‥やるべきことはたくさんあります。ぼんやりしている場合ではありません。ようやく気合が、スイッチが入ってきました。

 生き延びるために努力します。「うつらないように・うつさないように」、マスク・手洗い・うがいをします。規則正しい生活で免疫力を高めます。みなさんもご一緒に。

 「一大事とは今日只今のことなり(道鏡慧端※)」の言葉を久々に思い出しました。

道鏡慧端(どうきょうえたん)=江戸時代・臨済宗の禅師=臨済宗中興の祖・白隠禅師の師。私は「今日只今=コンニチタダイマ」と教えられましたが「今日只今=キョウタダイマ」という読み方もあるようです。

◎「アクティブラーニング入門3(小林昭文著/産業能率大学出版部)」は

 こちら→https://www.amazon.co.jp/dp/4382057744/

f:id:a2011:20190822064657p:plain

◎お問い合わせ、研修会講師等のご依頼はこちらへとうぞ。

  →akikb2★hotmail.com ★をアットマークに替えてください。

プロテウスのように‥

【授業研究】「プロテウスのように変幻自在のキャリア形成」が必要だと言ったのはアメリカの心理学者ダグラス・ホールです(1976年)。私がこの言葉を知ったのは2000年前後、カウンセリングに精通したと言えるようになり、キャリア教育を学び始めたころでした。人類に火をもたらしたプロメテウスと混同されることもありますが、一字違いで様々なものに変身する能力を持った神様の名前です。

 リンダ・グラットンは「LIFE SHIFT」で「100年人生=マルチステージの人生」を生き抜くのに必要なのは「有形資産と無形資産」、その無形資産の内訳は「生産性資産・活力資産・変身資産」としました。この変身資産は「プロテウスのように変幻自在のキャリア形成」の概念を受け継いだ表現だと理解しています。

 私は変身資産を鍛えるのには、グラットンが言うように「マルチステージ」という変化が不可欠だと感じています。振り返ると私の変身資産を鍛える初めの体験は「転校の連続」からだった気がします。いささか自閉症スペクトラムの傾向がある私は環境の変化に弱く、転校の度ごとに震え上がったり閉じ籠ったり暴れたりしていました。今になってみるとその「トレーニング」のおかげで、その後の、物理学→空手→高校教師→カウンセリング→キャリア教育→授業改善→大学教授→作家・コンサルタント‥などの大変動に耐えられた気がしています。耐えるとごろか、楽しみ始めている気もします。

 昨日のブログで表明した「大学退職」にはたくさんの方からメッセージをいただきました。大学内のネットワークで流した「退職のご挨拶メール」には思いがけない人からのお返事も含めてたくさんのお返事をいただきました。ありがたいことです。改めて御礼申し上げます。「お別れメール」が「新しい出会い」につながりそうなこともうれしいことです。この顛末はこのブログでお知らせしていきます。お楽しみに。

 なんてことを改めて振り返る気になる「新しい出発(たびだち)」です。ビジネスパーソンとしての出発です。ビジネスとして学校教育を中心とした「教育」に関わる人たちへの支援をしていきます。他の「教育ビジネス」と異なるのは「25年間の授業者(+6年間の大学授業者)」という経験を持っていることです。「時々実施する特別な授業」ではなく「毎日実践する普段の授業」を指導対象にしていることです。更に「生徒や保護者のために我慢や自己犠牲をする授業改善」ではなく「100年人生を逞しく歩き抜くためのセンセイたちの変身資産を高めるための授業改善」を目指しています。

 「株式会社 AL&AL研究所 代表取締役」「授業改善アドバイザー」として活動します。ビジネスパーソンとしての学習と準備も始めています。その成果は少しずつこのブログでお知らせします。もうすぐ68歳になりますが、大学卒業時のフレッシュマンの気分です。よろしくお願いします。

◎「アクティブラーニング入門3(小林昭文著/産業能率大学出版部)」は

 こちら→https://www.amazon.co.jp/dp/4382057744/

f:id:a2011:20190822064657p:plain

◎お問い合わせ、研修会講師等のご依頼はこちらへとうぞ。

  →akikb2★hotmail.com ★をアットマークに替えてください。

大学を退職しました

【授業研究】朝のうちに大学に行き、最後のメールチェックをしました。併せて、職場の皆さんに「退職のご挨拶」メールを出しました。研究室の鍵を教務に返却して全て終了しました。

 皆さんが慌ただしく仕事をしているところでしたから目立たないように鍵を帰して出て行こうとしたのですが、スタッフのお1人がドアのところまで追いかけてきてお別れのご挨拶をしてくれました。うれしいことです。

 帰り道にスマホを見ると「退職のご挨拶」メールに続々と返事が入ってくるのにも驚きました。多くの皆さんが「おつかれさま」よりも「新しい門出」を祝ってくれます。うれしいことです。

◎「アクティブラーニング入門3(小林昭文著/産業能率大学出版部)」は

 こちら→https://www.amazon.co.jp/dp/4382057744/

f:id:a2011:20190822064657p:plain

◎お問い合わせ、研修会講師等のご依頼はこちらへとうぞ。

  →akikb2★hotmail.com ★をアットマークに替えてください。