群馬県立吉井高校に伺いました

【授業研究】標記の高校に伺いました。初めて伺ったのは4年ほど前です。それ以来、毎年伺っています。今年度は、この公開授業で3回目です。授業改善は着々進んでいます。何人もの先生たちの、素晴らしい授業を見せてもらいました。今回も、多くの先生たちが、様々な授業に挑戦されていました。

 文科省の指定を受けていることや、群馬県教育委員会が見学を推奨していることがあり、他校からの見学の方も約90名という盛況ぶりでした。

 その多くの皆さんの前で、70分間の講義をしました。吉井高校の先生たちにはもう何度も話しています。外部からの参加者の中にも、私の話を何回か聞いた方もいます。しかし、初めての方もたくさんいらっしゃいます。このようなときに、何をどう話すか、迷います。

 しかし、質問が続出。予定時間を少しオーバーするほどになりました。懇親会では吉井高校の先生たちに「今日のあの新しい話は面白かった」と言っていただきました。何とか、多様な参加者の皆さんの、多様なニーズに応えることができたようです。ひと安心です。

 一方で、研究授業の持ち方・見方、研究協議会の進め方なとについて考えさせられました。新しい問題点の発見もありました。次に出そうとしている「入門3」に書きたいことがどんどん増えていきます。最近、公開授業や研究協議に呼んでいただくことが多くなりました。私にとっては、実にタイムリーな動きです。ありがたいことです。

 吉井高校の皆様、ありがとうございました。

※小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp

「入門2」はこちら→ https://www.amazon.co.jp/dp/4382057477

f:id:a2011:20170719070800p:plain

みくに出版主催のセミナーの詳細は以下です。

★「入門講座3」2017/12/16(土) 組織開発と授業改善 16:00~19:00 東京・恵比寿

  「こくちーず」はこちら→ https://www.facebook.com/events/125843921436075/

★「入門講座4」2017/12/17(日) 担任の授業改善    13:30~16:30 東京・恵比寿

   「こくちーず」はこちら→ https://www.facebook.com/events/1292314737581533/

 

 

 

 

福岡の反応3

【授業研究】福岡での講演会のリフレクションカードはまだ届きませんが、

参加された方から直接メールをいただきました。

(以下引用) 「主体的…」の講演はこれまで何度か聞きましたが、

先生の講演の内容が一番納得できるものでした、

自分の授業イメージが湧き、大変有意義なものとなりました。

ありがとうございました。
 ひとつお尋ねです。資料としていただきました、

「授業見学用ワークシート」を

私の所属する研究会の研究授業で利用させていただきたいのですが、
よろしいでしょうか。(引用終了)

 

「一番納得できた」「自分の授業イメージができた」

「有意義だった」はうれしい限りです。

ちよっと気になるのは、「今までは」どうだったのかなあ?です。

実は別の場面では、研修会終了後に、

「これまで何回も授業改善をテーマにした研修会を受けたけど、

どれもつまらなくて、いやになっていた。今日も、またか、と思っていた。

しかし、違っていた。こんな研修会を早く受けておきたかった」

と、しばしば聞くからです。

先生たちの「研修会疲れ」を懸念するところです。

 

 それはともかく、「ワークシート」等の利用は大歓迎です。

データを早速お送りしました。

尚、福岡ではデータで提供する手配をしませんでした。

必要な方は、小林のHPの「お問い合わせ」からご連絡ください。

※小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp

「入門2」はこちら→ https://www.amazon.co.jp/dp/4382057477

f:id:a2011:20170719070800p:plain

みくに出版主催のセミナーの詳細は以下です。

★「入門講座3」2017/12/16(土) 組織開発と授業改善 16:00~19:00 東京・恵比寿

  「こくちーず」はこちら→ https://www.facebook.com/events/125843921436075/

★「入門講座4」2017/12/17(日) 担任の授業改善    13:30~16:30 東京・恵比寿

   「こくちーず」はこちら→ https://www.facebook.com/events/1292314737581533/

福岡の反応2

【授業研究】11/18の福岡での講演会の反応の続報が届きました。

簡単な報告書をそのまま頂戴します。(以下、引用)

11月18日(土)に高教研秋季文化講演会に参加しました。
内容は
産業能率大学 小林昭文 教授による 講義・演習
「主体的・対話的で深い学び」をどう実現するか
~戦略を立てる、スキルアップを図る、組織的に取り組む、でした。

90分の講義でしたが、冒頭に90分を3つのコーナーに分け、
それぞれを
「説明15分」

「チームで質問を考えるタイム2分」

「質疑応答8分」ですすめ、
参加者が自ら「対話的に学び」「主体的な学び」と「深い学び」

を体験できる講義でした。

 

講義の中で、

「授業を改善することを考えるとき、教師のパフォーマンスを考えてきた。
そうではなく、生徒のパフォーマンスを変えることが生徒の学びを変えることになる」
「生徒に対する声かけの方法は、内容には介入せず学び方に介入する声かけをする」
「気づきを得るための環境作りには、安心安全の場が必要」
などが話されました。

 

新しい学びを実現する授業者の7つの基本スキルについてのなかで特に、
次の3点について 考えることが多かったです。
④配慮せずに、全員に同じグループワークをやらせない。
⑤グループワークの指示の原則を理解し、実践できる。
困ったとき対処法を示す。
⑦グループワークがうまくいってないチーム・個人を批判しない

自分の主張を伝えることを得意とする子だけでなく、

友達に積極的に声かけをできない子、

グループワークが苦手な子、

その日は参加できない子に対して、

対話的な学びを進めるために教師は授業構成の中に、

どんな活動を組み込む必要があるのだろうか。
小・中学校で行っている傾聴、承認、質問などの

スキルの学習や仲間作りの活動を
高等学校でも必要としている学校もあるのではないか、
そんな研修を組み入れることも必要となってきているのでは。。。
講義を聴きながら、思考を繰り返してしまいました。

 

「授業改善に組織的に取り組む」のなかで
・授業者を傷つけない振り返り会
・見に来てくださいカードの導入
2点が話されました。
授業公開をする場合、参観者は、授業者のパフォーマンスではなく、
「生徒に何が起こっていたか」の視点で授業を見学すること。
教員同士が全員で少しづつ取り組むには、
教員同士が、安心安全の場で仕事が出来ることが必要であること。

授業改善は生徒だけでなく、
教師も成長するために行うのだという意識付けを学校全体で醸成することが
大切なのだと改めて考えることができた90分でした。
当日、よる「先に生まれただけの僕」を見ていると、
校長役の櫻井翔くんが同じことを言ってました。(笑)(引用終了)

 

私の話をこんなにきちんと受け止めていただいていることに驚きました。

また、私の意図通りに

講演中に「振り返りと気づき」が生まれていたこともわかります。

この形式にますます磨きをかけたいと思います。

※研修会講師のご依頼をお待ちしています。こちらからお気軽にどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp

「入門2」はこちら→ https://www.amazon.co.jp/dp/4382057477

f:id:a2011:20170719070800p:plain

みくに出版主催のセミナーの詳細は以下です。

★「入門講座3」2017/12/16(土) 組織開発と授業改善 16:00~19:00 東京・恵比寿

  「こくちーず」はこちら→ https://www.facebook.com/events/125843921436075/

★「入門講座4」2017/12/17(日) 担任の授業改善    13:30~16:30 東京・恵比寿

   「こくちーず」はこちら→ https://www.facebook.com/events/1292314737581533/

 

福岡の反応1

【授業研究】福岡での講演は大胆なことをやったので、反応が気になります。偶々、以前からの知り合いの方が都合で欠席されていました。その方も、周囲の人の反応が気になるからと、あちこちに感想を聞いて、知らせてくれました。その一部を列挙します。

「周りは意外と小林先生初心者が多かった」

「実際に教室で起こりがちな話で、授業者の実感がこもっていて現実的だった」

「カウンセリングやコーチングの長年の蓄積の上に小林先生のALがある。さりげない対応に見えるが、生徒の観察や対応は若手の及ぶところではない」

「最初の15分に凝縮して説明する技量もベテランならでは」

「上記2点からするとベテランの方が、少しでも小林先生に近づけるかも」

「入門2を本で読んだのと、生で聞くのはこんなにも違うかと思った。入り込み方が全然違う」

「対話できる環境作り、そのためには安全安心な場が大事だとあらためてわかった」

「ある若手が『今日の話をウチの職員全員が聞いていたらなあ‥』とため息交じりに言っていた」

「あっと言う間の90分だった」

 反応は上々のようです。ひと安心です。続きがくるかもしれません。それも楽しみですし、少し遅れてリフレクションカードも届くはず。これも楽しみです。

※研修会講師のご依頼をお待ちしています。こちらからお気軽にどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp

「入門2」はこちら→ https://www.amazon.co.jp/dp/4382057477

f:id:a2011:20170719070800p:plain

みくに出版主催のセミナーの詳細は以下です。

★「入門講座3」2017/12/16(土) 組織開発と授業改善 16:00~19:00 東京・恵比寿

  「こくちーず」はこちら→ https://www.facebook.com/events/125843921436075/

★「入門講座4」2017/12/17(日) 担任の授業改善    13:30~16:30 東京・恵比寿

   「こくちーず」はこちら→ https://www.facebook.com/events/1292314737581533/

 

 

 

大胆な講演会に挑戦

【授業研究】福岡県高等学校教育研究会で講演しました。約250名の方がご出席でした。かなり広い会場なのですが、後方はテーブルがなく、椅子席でした。「人数が多くて入りきれず、椅子席にしました」とのこと。ありがたいことです。

 90分間という短い時間。それでも「対話的な学び」を実現したい私は、今回、かなり大胆な方法に挑戦しました。基本的には「小林の説明15分間→近所の人たちと共有&質問を考える2分→質疑応答8分間」を3セット行うことにしました。これで、25分×3=75分間。残りの15分間を、冒頭では「グループをつくる2分」「動画を見せる1分」などを含めて7分間使い、最後の「授業改善の歴史的意義」を8分間としました。

 これが成功するかどうかのカギは2つ。1つは私が時間通りに説明できるかどうか、2つは質問が出るかどうか、です。私は時間を決めて説明することには慣れていますから、ストップウォッチで計測し、はほぼ正確に実行できました。心配だったのは質問です。250名の中で手を上げるのはなかなか大変なことだからです。

 しかし、質問は次々に出ました。各コーナーごとに2つから4つの質問をいただきました。そのおかげで、フロアの皆さんとのやりとりが実現し、その「対話」による「振り返りと気づき」が起きたのではないかと思います。リフレクションカードはあとで送ってもらうことになりましたが、内容を読むのが楽しみです。

 100人を超えるとどうしてもワンウェイになりがちです。これをどうしても変えたいと機会があるごとにチャレンジをし続けてきました。これまで何回も行ってきたことは、スキルを身につけるための「繰り返し練習」になりました。今回の成功で、おおむねこのスキルを身につけたということができそうです。

 飛行機は時刻通りに運行したものの、預けた荷物受け取りに30分以上かかるアクシデント。会場到着が遅れ、PCセッティングは大慌てになりました。担当の皆さんには大変なご迷惑をおかけしました。質問時のマイク担当の方には広い会場をあちこち走り回ってもらうことになったのも心苦しいことでした。お手数おかけしました。そして、たくさんの質問を出していただいた参加者の皆さんに感謝です。

※研修会講師のご依頼をお待ちしています。こちらからお気軽にどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp

「入門2」はこちら→ https://www.amazon.co.jp/dp/4382057477

f:id:a2011:20170719070800p:plain

みくに出版主催のセミナーの詳細は以下です。

★「入門講座3」2017/12/16(土) 組織開発と授業改善 16:00~19:00 東京・恵比寿

  「こくちーず」はこちら→ https://www.facebook.com/events/125843921436075/

★「入門講座4」2017/12/17(日) 担任の授業改善    13:30~16:30 東京・恵比寿

   「こくちーず」はこちら→ https://www.facebook.com/events/1292314737581533/

 

 

 

 

 

バタバタ‥でも楽しく‥

【授業研究】このところ、毎日が「締切」です。研修会講師の資料作りに追われています。昨日も打ち合わせや教授会の合間を縫って原稿づくりに奮闘。何とか締め切りを守りました。少し前なら、ほとんど同じ資料で使えていたのですが、最近は、それぞれテーマや時間や対象が異なるからです。

 「ほとんど誰もやっていません」「抵抗する人が強いのです」「誤解している人が多いのです」「各学校の教育相談係の会です」「高校1年生と2年生です」「教員と保護者です」「理論的な研修会は何回も済んでいます」「個々人では実践しているのですが、横の連携ができません」‥‥その都度、メール・電話・打ち合わせ会などで話し合います。状況を確認して、本質を見極めて、解決策を探るプロセスは楽しい時間です。

 その過程で、自分のユニークさや強みを活かした解決策を作ります。カウンセリングに強い視点から解決策を組み立てる、色々な高校を経験してきたことを活かす、越ケ谷高校での授業改善の実践を活かす、越ケ谷高校授業研究委員会の活動を活かす、荒れる学校での生徒指導部主任としての活動を活かす、大学の授業で実践していることを活かす‥‥時には、10年以上前のデータを掘り出してリメイクし利用することもあります。

 これは実に楽しいことです。次々に色々なテーマをいただくのは、考えることが大好きな私にはワクワクすることです。

 そういえば、時々「忙しい方だから呼べないですよね」と言われます。そうでもないです。来年、2月3月はまだ空いている日があります。HPを見ていただくと、私の日程の空きをすぐにご覧いただけます。

※研修会講師依頼はこちらから→http://al-and-al.co.jp

「入門2」はこちら→ https://www.amazon.co.jp/dp/4382057477

f:id:a2011:20170719070800p:plain

みくに出版主催のセミナーの詳細は以下です。

★「入門講座3」2017/12/16(土) 組織開発と授業改善 16:00~19:00 東京・恵比寿

  「こくちーず」はこちら→ https://www.facebook.com/events/125843921436075/

★「入門講座4」2017/12/17(日) 担任の授業改善    13:30~16:30 東京・恵比寿

   「こくちーず」はこちら→ https://www.facebook.com/events/1292314737581533/

「アクティブラーニングを仕事にできますか?」

【授業研究】大学授業が終わり、リフレクションカードを受け取っている時に、学生に話しかけられました。

「先生、私たちアクティブラーニングの授業をうけているじゃないですか。文部科学省もその方針を打ち出して、これから日本の学校の授業は変わっていくんですよね」

「うん。たぶんそうなっていくと思うよ」

「私、その教育や授業を変えていくことに関わる仕事をしてみたいと思うのですけど、どんな仕事がありますか?」

「うーん、直接的な事でいえば、〈教師になる〉ことだろうね。でも、うちの大学のシステムでは教員になるのは少々回り道をしなくてはならないね」

「そうですね。他にどんな仕事がありますか?」

「学校が授業を変えるためには、そのための情報を手に入れたり、新しい授業の手ほどきを受けたりする必要があるよね。そういう支援サービスをしている企業は色々あるよ。例えば大手では、〇〇や̻ロロなどが、積極的にやっているよ」

「ああ、そういう会社がそんな仕事もやっているのですね。知りませんでした」

「大手以外にも、小さな会社でそういうサービスを売っている会社はいくつもあるね。そういえば、私もそういう仕事をしていることになるね」

「先生が時々、学校の先生たち向けの研修会に行くということですね」

「うん、そうだね。興味があるなら、一緒についてきてみる?」

「興味津々です。連れて行ってもらえますか?」

「先方次第だけど、許可してもらえるところも、あると思うよ」

「じゃ、ぜひ、お願いします」

 ‥本学がアクティブラーニングを標榜・実践していることの効果なのだと思います。毎年、1人か2人くらいの割合でこういう話を受けています。うれしいことです。

「入門2」はこちら→ https://www.amazon.co.jp/dp/4382057477

f:id:a2011:20170719070800p:plain

みくに出版主催のセミナーの詳細は以下です。

★「入門講座3」2017/12/16(土) 組織開発と授業改善 16:00~19:00 東京・恵比寿

  「こくちーず」はこちら→ https://www.facebook.com/events/125843921436075/

★「入門講座4」2017/12/17(日) 担任の授業改善    13:30~16:30 東京・恵比寿

   「こくちーず」はこちら→ https://www.facebook.com/events/1292314737581533/