200人超?

【授業研究】大学の授業で「実力養成講座」を担当しています。直接的にはSPIの数的処理能力を向上させることを目的としていますが、私は「論理的思考力」と「対話的な学びのスキル向上」との両立を狙っています。

 前期には火曜日1時間目と木曜日1時間目に同じ講座が設定されています。1時間目にも関わらず火曜日の受講者数は200名超、木曜日も150名超。いずれも、私がこの講座を担当してからの新記録の人数です。

 問題は2つ。1つはこの人数で「対話的な学び」と「思考力向上トレーニング」をどう実現するかです。これはすでに工夫を重ねてきたので、人数増加はさほどの障害にはなりません。これはよいのですが‥

 問題は2つ目です。この大人数の出席把握と公平な評価をするための資料をどうつくるかです。学生に配布されているバーコードシールを使おうとしたのですが、これは出欠は把握できるものの、それだけになりがちです。他の先生に聞くと機械の使い方もあれこれ面倒なことがわかりました。結局のところ、他の授業でも使っているリフレクションカードを使うことにしました。

 最大の問題は「配布」と「回収」です。昨日の木曜日の授業では「回収実験」を行いました。A4ワークシートを配布し、氏名等を書かせ、感想気づきを書いて提出。この時、1~30,31~60‥と番号によって異なる回収ボックスを配置して並べました。研究室に戻って、各ボックスのワークシートを出席番号順に並べ替えて、検印を押すという実験です。これは思っていたより簡単に終了しました。「これは行けそう!」です。

 来週、火曜日には200人超で回収実験をし、木曜日には「配布」実験です。高校物理授業でも行っていたのですが、入り口に全員分のワークシートを最上段の名前だけが見えるようにずらしてテーブルに並べます。これをとって教室に入ってもらいます。配布時間がゼロになります。少し工夫すると遅刻確認もできます。

 この方法の最大の問題は「テーブル上に並べる作業」です。これまでの経験では50人分でも2分で並べることができるので、10分はかからないと思っているのですが‥やってみないとわかりません。

 とまあ、色々、問題はあるのですが、私はこういうことを考えたり実験したり修正したりするのが大好きです。楽しみができた感じです。

◎新刊(2018/7/1発売)のアマゾンはこちら↓

 https://www.amazon.co.jp/dp/4866141077/ref=sr

f:id:a2011:20180618201114j:plain

◎小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.j

大学授業2週目、楽しいドタバタ‥

【授業研究】大学授業は4/10(水)に始まり、昨日から2週目に入りました。毎度のことではありますが、最初はあれこれどたばたです。

・1年生の基礎ゼミは去年私の基礎ゼミにいた2年生の女性が

  SAをしてくれることになりました。

  「きちんと勉強したい」というリクエストに応えて、

  私の現在の研究を実践してみることにしました。

・そのSAから授業の前日=一昨日の夜に

  「インフルエンザかもしれないと診断されました」とメッセージ。

  「無理しないでね。私がやるからいいよ」と返事。

  ところがこちらも少し寒気がする。

  2人休んだらシャレにならないと焦って早寝。

  結局、SAも私も元気に指導できました。

・「実力養成講座」というSPI対策の数学の修業は色々なあおりで、

  異常に多い受講者数。火曜1時間目は200名ちょい。木曜1時間目は約150名。

  この大人数を寝かせず、楽しませて、出欠管理もするのは大変。

  今朝の1時間目にその方式を始めようとしたら、

  「先生、私、名簿にありません」と女子学生が青ざめる。

  教務に電話すると「もう履修できませんね」との返事。

  本人は「間違いなく追加マークシート出したんです」と泣き出しそう。

  「授業どころじゃないね。今、教務に行って事情話して交渉しておいで」

  と送り出す。

  しばらくして戻ってきて「認めてもらえました。

   機械のトラブルだったみたいです」と笑顔。

‥毎度のことですが、楽しいどたばたです。(笑)

◎新刊(2018/7/1発売)のアマゾンはこちら↓

 https://www.amazon.co.jp/dp/4866141077/ref=sr

f:id:a2011:20180618201114j:plain

◎小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.j

 

 

全然変わらない高校もある‥?

【授業研究】先日はあまり有名ではないのに、先進的な授業改善に取り組んでいる学校があることを紹介しました。今回は、その逆です。

 本学に入学してくる学生は「アクティブラーニング」や「PBL」に興味を持って受験してきます。そのため、グループワークを主体にしている私の授業はとても喜んでくれます。「こんなにワークが多い授業はうれしい」「眠くないし、力が付いている気がする」などと言ってくれます。授業前後の休み時間や、空き時間に研究室まで来てくれてそのことで雑談していることもあります。

 そんな流れの中で「高校ではどうだったの?」と私が質問することもしばしばです。それに対しての回答は「全然です」「黙って頑張れ、ばかりでした」などです。都内や近県の高校が多いので、私がある程度知っている学校や、うわさを聞いている学校もあります。その中には、結構進んだ授業をやっていると私が理解していた学校が、実はやっていませんと学生が答えることもあります。

 この喰い違いをどうとらえるべきなのか‥?迷います。進んでいる学校と全く変わらない学校があって、二極分化しているということなのでしょうか?もしそうならとても大きな問題になってくるような気がします。

◎新刊(2018/7/1発売)のアマゾンはこちら↓

 https://www.amazon.co.jp/dp/4866141077/ref=sr

f:id:a2011:20180618201114j:plain

◎小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp

懐かしい思い出

【授業研究】福島県の高校から講師の依頼がありました。その理由は「小林さんの指導を受けた教員が本校にいます。その彼からの推薦です」とのこと。名前を聞いて思い出しました。

 「アクティブラーニング入門」シリーズで本文中に示したワークシートを私のブログからダウンロードできることを書いたのですが、「できません」とメールをくださった方でした。その方からの連絡のおかげで設定が変わっていたことに気が付きました。

 更に。その方は当時は会津の高校にいるとのことだったので、会津の県立大沼高校には何回か行きましたと伝えました。その時のことを久々に思い出しました。大沼高校に伺ったのは2006年の事でした。まだ、アクションラーニングを学び始めたばかりのことでした。それでも、アクションラーニング・セッションをやったところ大成功。これが、アクションラーニングにのめりこむ大きなきっかけになりました。もう、13年も前のことです。

 そんなことを思い出せたのはとてもうれしいことです。この研修会も楽しみです。

◎新刊(2018/7/1発売)のアマゾンはこちら↓

 https://www.amazon.co.jp/dp/4866141077/ref=sr

f:id:a2011:20180618201114j:plain

◎小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp

あまり知られていない凄い学校?

【授業研究】マスコミ等で取り上げられる学校の先生とイベント等で知り合ってお酒でも飲みながら話すと「実はねぇ~」とネガティブな話を聞くことがしばしばあります。今回はその逆の話です。教員を目指している若いDさんに時々会っては情報交換をしたり励ましたりしています。昨年度、初めて非常勤講師をしたDさんは、四月から別の学校に移りました。そこで新しい学校の様子を聞いてみました。

 すると、Dさんは絶賛します。

・前にいた学校と偏差値も規模もそれほど変わらないのに、生徒の雰囲気が全然違う。

・新しい学校の生徒たちはニコニコしていて積極的。

・先生たちもオープンな雰囲気だから職員室にいつも生徒が来ている。

・前の学校はアクティブラーニングに消極的だったけど、

 新しい学校は「やらなきゃダメ」と管理職が繰り返す。

・実際、先生たちも必ずワークを入れる授業に取り組んでいる。

・生徒たちも慣れているのでワークをさせるとスムーズに話し合いが始まる。

 他にも色々あるのですが、学校や個人を特定されそうなのでこのあたりにします。聞けば聞くほど授業改善に積極的であることがわかります。しかし、調べてみても、ほとんどマスコミに取材されていません。この学校の方にイベント等でお会いしたこともありません。

 たぶん、外部に出かけるより現場で学ぶことを重視しているのだと思います。私はそれが良いと思っているので、この学校に興味津々です。

 同時に、改めて若い先生たちが最初にどんな学校を体験するかの大事さを感じることになりました。

◎このあたりの理論的土台はこちらを参考にしてください。

 アマゾンはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/4866141018

f:id:a2011:20170903224345j:plain

◎小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp

私のやりたいことと現場の希望が一致

【授業研究】継続的に関わっている高校から今年度の予定確認があり、更に、6月と11月の講演会のテーマをリクエストされました。「え?こんなに早く?」と驚きました。そこで、「今の私の気分として、こんなところです‥」と返事をしました。内容は以下です。

◎6月  「授業改善の基本を支える授業者スキルの提案」
◎11月  「教師スキルの必要性と100年人生への準備」
 これに対して「私たちが予想したタイトルは〈AL型授業を実現する授業スキル〉でした。方向性が同じでとても安心します」という返事が届きました。私がやりたいことと、現場が求めてくれることが一致する‥指導的立場としてはこれほどうれしいことはありません。

◎このあたりの理論的土台はこちらを参考にしてください。

 アマゾンはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/4866141018

f:id:a2011:20170903224345j:plain

◎小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp

うれしいリクエスト

【授業研究】大学で1年生向けの基礎ゼミという授業を担当しています。30名のクラスですから、高校の担任クラスでキャリア教育を担当しているようなものです。このクラスにはSA(スチューデントアシスタント)がつきます。

 今年のSAは昨年私の基礎ゼミに在籍していた女性のCさんです。昨年のSAが強く推薦してくれました。勉強熱心なCさんは個人面談の時にはカウンセリングなどの心理的な事に興味があると話していたので、私の著作「アクティブラーニング入門」と「アクティブラーニングを支えるカウンセリング24の基本スキル」をプレゼントしました。これを読んでくれて「面白かった」「社会人になってからも役立ちそう」などと言っていました。

 そのCさんと協力しながらの基礎ゼミの指導はすでに始まっています。オリエンテーション・キャンプで泊りがけでPBLを行い、通常授業が始まり1回目の基礎ゼミが終わりました。その週末にCさんからのメッセージが届きました。

「先生が話していたティーチング・スキル(?)を教えてくれませんか?1週間に1回でも良いです。時間をとります」

 最近の私が「授業者スキル」に興味を持っていることを雑談中に話していたので、これを覚えていてくれて興味を持ってくれたようです。これは予想もしていなっかったことなのですが、うれしいことです。授業者としての全くの初心者に体系的な手ほどきができれば、私が考えていることが役立つということです。

 逆に言えば、これまでもSAに「ここはこうするんだよ」としばしばアドバイスをしていましたが、それは全く体系的ではなく、その場その場での思い付きでした。こちらはアドバイスしていたつもりでしたが、SAは「批判された」「叱られた」と感じていたかもしれません。今、思うとヒヤリとします。

 遠くの先生たちの指導の事ばかりを考えていたのですが、「灯台下暗し」でした。楽しみがまた1つ増えました。

◎このあたりの理論的土台はこちらを参考にしてください。

 アマゾンはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/4866141018

f:id:a2011:20170903224345j:plain

◎小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp