高度な対話スキルを磨くには?

【授業研究】8/14のブログで「高度な対話スキルは高度な教科授業で」と書きました。となると、9/23(日)に予定しているセミナーのプログラムはそれでよいのか?と気になり始めました。これはあるイベントでのコミュニケーショントレーニングを見ていても感じていたことでした。自己紹介ゲームのようなことを延々と実施しているワークでした。これは対人関係を整えるためのスキル、就活・初期キャリア向けのトレーニングとしては有効です。しかし、専門的な分野に切り込むための対話スキル、中期キャリアで必要な対話スキルとしては不十分です。

 「高度な対話スキルを磨くのには高度な教科授業で」と書いたときに私が意識していた中身は物理学でした。高校の物理でも大学入試問題の中には実に良い問題がたくさんあります。与えられた資料を基にかなり考え抜かないと解けない問題があります。教科書の内容でも「物理(4単位)」の内容は微分積分の考え方が随所に出てきますし、後半の原子にかかわる分野では粒子と波動の二重性の問題も出てきます。これらの課題を生徒に出すことで、否応なしに彼らは高度な対話スキルに少しは踏み込めていた気がしていました。

 しかし、専門が異なるセミナー参加者を相手にこれを実施するとなると、そう簡単なことではないような気がしてきました。どんな課題を設定するか。難しくて、かつ全員が共有できる課題が必要になってきます。‥‥書きながら、徐々に解決策が浮かんできました。明日は9/23(日)のセミナーに向けた打ち合わせをします。楽しい内容になりそうです。

◎9/23(日)みくに出版主催セミナーの案内はこちら。

 ・日時 2018年9月23日(日) 10:30 - 16:00
 ・渋谷区恵比寿西2-3-14 みくに出版セミナールーム  

  https://www.facebook.com/events/1238780612931513/

◎新刊(7/1発売)のアマゾンはこちら↓

 https://www.amazon.co.jp/dp/4866141077/ref=sr

f:id:a2011:20180618201114j:plain

◎小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp

これからの教師に求められる力

 【授業研究】あるイベントのの登壇者がこれからの教師に求められる力として以下の2つを挙げていました。

1 子どもたちを理解する力

2 専門領域についての専門的な力

 一瞬、「なるほど」と思い、次に「それだけでは新しい授業は実現できない」と感じました。「2」については概ね賛成なのですが、ややもすると「専門的な知識」が問われがちな気がします。それだけではなく、「各分野の根底にある物の見方や考え方」を訓練することが必要だと思うのですが、これはなかなか難しい気がします。

 もっと難しいのは「1」です。心理学や生涯発達心理学、キャリア発達理論などの理論とともに、カウンセリングやコーチングなどのスキルも必要だと思われます。その上に、グループダイナミクス理論とスキルも必要だと私は自分自身の実践から強く感じています。

 しかし、教師を目指し人たちが学生時代にこれらを学ぶ教育課程はあまりなさそうです。教員になってからの研修にもほとんどないと感じています。

 上に立つ人たちが、教師には「これが必要だ」「あれも身に付けるべきだ」というのは簡単です。しかし、現場の先生たちにはそれを学びに行く時間がありません。教育委員会等がそれらを教えるためのメソッドも持っていない気がします。

 どう考えても「できないこと」を、「やれ」「やるべきだ」と言われ続けると、真面目な先生たちは「できないのは自分に意欲や能力がないからだ」と自己否定になりかねません。学習性無気力に陥ると言っても良い気がします。

 この件だけではなく、様々な視点から教員に求められることはどんどん増えて、それを学ぶ方法もシステムも教育体制も学習時間も何も整備されていない気がします。

◎9/23(日)みくに出版主催セミナーの案内はこちら。

 ・日時 2018年9月23日(日) 10:30 - 16:00
 ・渋谷区恵比寿西2-3-14 みくに出版セミナールーム  

  https://www.facebook.com/events/1238780612931513/

◎新刊(7/1発売)のアマゾンはこちら↓

 https://www.amazon.co.jp/dp/4866141077/ref=sr

f:id:a2011:20180618201114j:plain

◎小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp

高度な対話スキルは高度な教科授業で

【授業研究】最近のイベントやセミナーで気づいたことをメモしておきます。

その1は「いわゆるコミュニケーション・トレーニングの効果と限界」です。

 友達作り、クラス開き、構成的グループエンカウンターなどの研修会が盛んです。それらを授業の中に組み込む実践も盛んです。それらによって、子どもたちが「とりあえず」色々な人と話せるようにはなると思います。しかし、それらは社交辞令、表面的な交流です。

 それがダメだとは思いません。誰とでも必要な時には笑顔で挨拶する、話し合いに相手を不快にしない態度で臨むなどは社会人としては必要なことです。就活や初期キャリアでは役立つことです。ただ、もっと複雑な思考力・判断力・表現力を育成する、高度な対話スキルを磨くことはどこでやるかです。これが不足していると中期キャリアで躓きます。

 私はこれこそ教科の専門性が大事だと思っています。各教科の専門的な見方や考え方が求められる難しい課題を出すことで生徒・学生は思考力・判断力・表現力を高めます。私は「トップを見捨てない」ために、難しい問題を出していましたが、結果としてはこの問題がその対応策として生きていたと思います。その力が、生徒たちの先々に役立つと想像しています。

 これは私自身が最近強く感じていることです。この10年間くらい、授業研究を深く考える段階になってから、物理学者として受けた訓練や唯物論弁証法の学習が、とても役立ちます。あのころ、頭が痛くなるほどに何日も考え続けてきたことが役に立っています。

 だから、これからの授業者にはこれまで以上に高度な専門性が求められます。

◎9/23(日)みくに出版主催セミナーの案内はこちら。

 ・日時 2018年9月23日(日) 10:30 - 16:00
 ・渋谷区恵比寿西2-3-14 みくに出版セミナールーム  

  https://www.facebook.com/events/1238780612931513/

◎新刊(7/1発売)のアマゾンはこちら↓

 https://www.amazon.co.jp/dp/4866141077/ref=sr

f:id:a2011:20180618201114j:plain

◎小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp

執筆・資料作り・セミナーまとめetc

【授業研究】「入門3」の執筆に取り組み始めました。今回は少し余裕があるので、ゆっくり書き進めています。しかし、お盆明けの研修会資料もつくらなくてはなりません。これに結構時間をとられます。

 更に、マナビフェスなどで講義を聞きながらまなんだこと、気づいたことは、是非とも整理しておかなくてはならないことがたくさんあるのですが‥こちらに時間を割けない状態です。

 やるべきことややりたいことはたくさんあります。とても有難いことです。更に最近始まっている新しいチャレンジも楽しくて仕方がありません。でも、原稿を優先させなくては‥汗。

◎9/23(日)みくに出版主催セミナーの案内はこちら。

 ・日時 2018年9月23日(日) 10:30 - 16:00
 ・渋谷区恵比寿西2-3-14 みくに出版セミナールーム  

  https://www.facebook.com/events/1238780612931513/

◎新刊(7/1発売)のアマゾンはこちら↓

 https://www.amazon.co.jp/dp/4866141077/ref=sr

f:id:a2011:20180618201114j:plain

◎小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp

久々に半村良

【授業研究】大学生のころから半村良が好きでよく読んできました。かなりの作品は読んだつもりでいたのですが、ふと立ち寄った本屋で見かけたこの文庫本の背表紙を見て「あれ?」。

半村良の作品でこんな題名の本があったかな?」

 手に取ってみると帯に「宮部みゆき氏推薦!!」とあります。

その内容は「何かと疲れてヘコみがちな21世紀の私たちのために、半村センセはこんな素敵な『青春おとぎばなし』をとっておいてくださいました」。

 これには魅かれます。解説をちらりと読むと、スポーツ新聞に連載されたのちそのままになり、なぜか単行本になったのは連載の32年後、作者の死後8年後とのこと。ますます煽られます。買って、最近の移動時間に読み続け、昨日、読み終わました。さすが半村良です。感動です。若者のためではなく、まさに「おとなのために書かれた〈青春おとぎばなし〉」です。おとなのみなさんにおススメです。

◎アマゾンはこちら→ https://www.amazon.co.jp/dp/4334776671/

f:id:a2011:20180812052820j:plain

◎9/23(日)みくに出版主催セミナーの案内はこちら。

 ・日時 2018年9月23日(日) 10:30 - 16:00
 ・渋谷区恵比寿西2-3-14 みくに出版セミナールーム  

  https://www.facebook.com/events/1238780612931513/

◎新刊(7/1発売)のアマゾンはこちら↓

 https://www.amazon.co.jp/dp/4866141077/ref=sr

◎小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp

 

 

 

 

 

 

マナビフェスに参加しました

【授業研究】標記のイベントに参加しました。登壇しないでウロウロできるのはうれしいことです。

 森朋子先生(関西大学)の講義では多くの観察と実験の結果は私の高校物理実践で私が把握していたことと大半は一致していました。これは改めて自信になることでした。

 多くのポスターセッションは賑やかで楽しいものでした。多くの実践が紹介されていました。私が知っている学校にも出てもらおうかなと思いました。

 何より楽しかったのは久しぶりにお会いする人たちがたくさんいたことです。それも「2~3日前からメールを出そうと思っていた人」、「話を聞いてみたらもっとよいアドバイスをしてあげたくて次に会う約束をした人」、「10年ぶりくらいにあったら関係の近い仕事同士になっていて協力をすることにした人」などなど‥。これからの活動に元気をいただくことになりました。

◎9/23(日)みくに出版主催セミナーの案内はこちら。

 ・日時 2018年9月23日(日) 10:30 - 16:00
 ・渋谷区恵比寿西2-3-14 みくに出版セミナールーム  

  https://www.facebook.com/events/1238780612931513/

◎新刊(7/1発売)のアマゾンはこちら↓

 https://www.amazon.co.jp/dp/4866141077/ref=sr

f:id:a2011:20180618201114j:plain

◎小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp

弁証法の効果

【授業研究】仙台フォーラムで授業改善をベースにした弁証法入門講座を初めて行いました。参加した皆さんに、納得してもらえるかどうか心配だったのですか、「役に立つ」「深く考えるきっかけになる」と言われたのはうれしいことでした。

 事後の質問に答えながら、私にも気づきがありました。

「生徒は思考力などもつけたいけど入試の点数も上げなくてはいない、と言います。

 これも矛盾なのですよね」

「そうですね」

「どう指導すればよいのですかね?」

「両者を敵対的矛盾としてとらえると、解決策は〈切り離す〉ですよね。

 それをやると〈点数を取るためにやる〉か〈大学は諦める〉になりますよね」

「ということは非敵対的矛盾としてとらえるですか?」

「その方が良いですよね。〈思考力もつける〉し〈点数もあげる〉と」

「うーん、それを生徒たちが受け入れますかね?」

「これは高校生のときだけでなく、人生はいつでも〈目の前のことに対処する〉

 とともに〈将来に備える(将来につながってしまう)〉という

 矛盾の連続だととらえさせたらどうですかね?」

「ああ、確かに。生きるということは〈矛盾〉と言えますね」

「生徒には矛盾は運動・変化・発展の原動力だから、

 みんなが生きる・成長する原動力とも言えるんだよと言うのはどうですか?」

「ああ、矛盾をダメなことととらえないで、肯定的にとらえるということですね」

「そういうことです。それだけでも気持ちが変わるような気がします」

「なるほど。試してみます」

 弁証法的な考え方が高校生の積極的な生き方にもつながるかもしれないと感じた瞬間でした。これをきっかかけに弁証法について改めてじっくり考えてみようと思います。

◎9/23(日)みくに出版主催セミナーの案内はこちら。

 ・日時 2018年9月23日(日) 10:30 - 16:00
 ・渋谷区恵比寿西2-3-14 みくに出版セミナールーム  

  https://www.facebook.com/events/1238780612931513/

◎新刊(7/1発売)のアマゾンはこちら↓

 https://www.amazon.co.jp/dp/4866141077/ref=sr

f:id:a2011:20180618201114j:plain

◎小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp