1日がかりのアイデア

【授業研究】新しいイベントに向けて準備を急いでいます。基本的な事は固まっていても、具体的な段階に入ると色々な困難も出てきます。この数日、私が悩んでいたのは前半の授業体験部分で「短時間に」「配布プリントを少なくして」「ツールをうまく使う」にはどうすればよいか、でした。

 昨日の日曜日に一気に解決することにして朝から考え始めました。あれこれ作ってみるのですが、どうもうまくいきません。散歩したり、本を読んでみたり、寝転んでみたり‥‥色々なことをしながら、アイデアを書いては消すを繰り返しました。ようやく、まとまったのは夜になってからでした。

 かなりうまくまとまったアイデアは我ながらかなり気に入っています。この方法で高校の教員のときに授業をやっていればよかった!と思うほどのアイデアです。プリントの枚数を減らし、生徒たちに教科書を活用することができ、生徒たちのノートの整理をスマートにすることができそうです。

 これらのアイデアのきっかけは、当時はなかったツール(文房具)が発売されたからです。しかし、想定されている使い方そのままではイマイチでした。「新しいツール」には「新しい使い方」を編み出す必要があります。それは開発者の想定を上回ります。この開発者とユーザーのアイデアを有機的につなげ、広げることが、今回の「文房具カフェ」の狙いです。私のアイデアを提示しますが、参加する皆さんのアイデアを出してもらうと、もっと素晴らしい使い方が編み出されるのではないかと期待しています。

※イベント概要です。

1 イベント名称 Campusノートから始める授業改善
        「主体的・対話的で深い学びをどう実現するか」
2 講師    小林昭文(産業能率大学経営学部教授)

3 日時    大阪 10月20日(土) 13:00~16:00

          熊本 10月27日(土) 13:00~16:00
4    会場    大阪   コクヨ本社8階中会議室 

         熊本     尚絅大学

◎内容の詳細と申し込みは以下の「こくちーず」をご覧ください。

 大阪 https://kokucheese.com/event/index/539397/

 熊本 https://kokucheese.com/event/index/539415/

◎チラシは以下からダウンロードできます。

 配布していただけるとありがたいです。 

 大阪  http://al-and-al.co.jp/kokuyoseminer1/

 熊本  http://al-and-al.co.jp/kokuyoseminer2/

 

f:id:a2011:20181006072706j:plain

f:id:a2011:20181007141517j:plain

大阪参加者20名!

【授業研究】新しいイベントのうち大阪での開催まであと1週間になりましたが、参加申し込みは20名になりました。募集期間も短く、手立ても限られている中でこの人数に達したことはうれしいことです。

 そのセミナーの中身についてはスタッフと緊密なやりとりを続けています。新しいプログラムをつくるのは大変です。授業改善と文房具の関連は私のアタマの中ではたくさんのつながり、アイデアがあります。しかし、これらを手際よく見てもらい、体験してもらって、現場での授業改善につなげるプログラムにするのは、とてつもなく大変です。同時に、ワクワクするほど楽しいことです。

 今日は1日かけて体験授業部分の内容を完成させます。「授業体験」→「ツールの効果と使い方の解説・質疑応答」→「授業の作り方の新しい原則の解説」‥ここまでが前半のセミナーです。後半は前半で説明したツールを参加者の皆さんに手に取ってもらって体験していただくことになります。私やコクヨのスタッフがそれらのツールの魅力や使い方、授業を楽しくすることや仕事のやり方が変わることなどを実践的に解説します。お楽しみに。

※イベント概要です。

1 イベント名称 Campusノートから始める授業改善
        「主体的・対話的で深い学びをどう実現するか」
2 講師    小林昭文(産業能率大学経営学部教授)

3 日時    大阪 10月20日(土) 13:00~16:00

          熊本 10月27日(土) 13:00~16:00
4    会場    大阪   コクヨ本社8階中会議室 

         熊本     尚絅大学

◎内容の詳細と申し込みは以下の「こくちーず」をご覧ください。

 大阪 https://kokucheese.com/event/index/539397/

 熊本 https://kokucheese.com/event/index/539415/

◎チラシは以下からダウンロードできます。

 配布していただけるとありがたいです。 

 大阪  http://al-and-al.co.jp/kokuyoseminer1/

 熊本  http://al-and-al.co.jp/kokuyoseminer2/

 

f:id:a2011:20181006072706j:plain

f:id:a2011:20181007141517j:plain

イベント告知に色々な反応

【授業研究】イベント告知に対して色々な反応があり、楽しんでいます。ある学校の先生からは「うちの学校でやってください」との依頼がありました。

「周辺の他校の先生たちにも呼びかけたいです」

「ツール、文房具の利用が授業改善のきっかけになると思います」

などのコメントもありました。

 これはうれしいことです。色々な準備は必要ですが、各地域の学校ごとにこの新しいセミナーを開いていくことも楽しいことです。ニーズが多ければ、実施できるのではないかと思います。他にもアイデアをお寄せください。

※イベント概要です。

1 イベント名称 Campusノートから始める授業改善
        「主体的・対話的で深い学びをどう実現するか」
2 講師    小林昭文(産業能率大学経営学部教授)

3 日時    大阪 10月20日(土) 13:00~16:00

          熊本 10月27日(土) 13:00~16:00
4    会場    大阪   コクヨ本社8階中会議室 

         熊本     尚絅大学

◎内容の詳細と申し込みは以下の「こくちーず」をご覧ください。

 大阪 https://kokucheese.com/event/index/539397/

 熊本 https://kokucheese.com/event/index/539415/

◎チラシは以下からダウンロードできます。

 配布していただけるとありがたいです。 

 大阪  http://al-and-al.co.jp/kokuyoseminer1/

 熊本  http://al-and-al.co.jp/kokuyoseminer2/

 

f:id:a2011:20181006072706j:plain

f:id:a2011:20181007141517j:plain

 

有難い返事

【授業研究】コクヨとの協働で開催する新しいセミナーは集客の実験の意味合いもあります。いくつかのMLを使った後に、私が個人的にメールアドレスを知っている皆さんにメールで案内をしました。数百通のメールを出してみました。

 長い間ご無沙汰している方、名刺交換はしたもののそれっきりになっている方‥いささか、失礼なメールだと思いながら出しました。すると、何人もの方からすぐに返信がありました。

「私は予定があって参加できないけど学校で案内してみます」

「ツールから考えるという視点がユニークで良いですね」

「小林さんがお元気なのがわかりうれしい気持ちになりました」等々の内容でした。

 ありがたいことです。恐る恐る出したメールでしたが、私が元気をいただくことになりました。 

※イベント概要です。拡散希望です。

1 イベント名称 Campusノートから始める授業改善
        「主体的・対話的で深い学びをどう実現するか」
2 講師    小林昭文(産業能率大学経営学部教授)

3 日時    大阪 10月20日(土) 13:00~16:00

          熊本 10月27日(土) 13:00~16:00
4    会場    大阪   コクヨ本社8階中会議室 

         熊本     尚絅大学

◎内容の詳細と申し込みは以下の「こくちーず」をご覧ください。

 大阪 https://kokucheese.com/event/index/539397/

 熊本 https://kokucheese.com/event/index/539415/

◎チラシは以下からダウンロードできます。

 配布していただけるとありがたいです。 

 大阪  http://al-and-al.co.jp/kokuyoseminer1/

 熊本  http://al-and-al.co.jp/kokuyoseminer2/

 f:id:a2011:20181006072706j:plain

f:id:a2011:20181007141517j:plain

遠来のお客様

【授業研究】遠方から公的支援を受けて数日都内に滞在して授業研究のための見学をされている高校の先生が大学にいらっしゃいました。1時間目の基礎ゼミ(1年生向けのキャリア教育的な授業)、2時間目のロジカルシンキング実践を見学してもらい、午後は質疑応答(13:30~16:00)を行いました。

 私の授業で説明中におしゃべりする学生もわずかにいるものの、私が注意しない事、その学生がきちんとそのあとのワークに参加することに驚いたとのこと。前日に見学した高校でも授業でも同様だったのでひっかかっていたようです。私にとっては何の問題も感じない進め方なのですが、「生徒指導」を重視する学校の感覚としては抵抗があるようです。

 ここは私が最新刊でも取り上げたことなのですが、新学習指導要領が「担任指導・生徒指導と教科指導の間に矛盾を引き起こす」ということです。生徒たちを黙らせ、じっとさせる先生が「良い先生」という視点から、生徒たちを「対話的に学ばせる先生」が良い先生という視点への変更はなかなか難しいことのようです。

※イベント概要です。拡散希望です。

1 イベント名称 Campusノートから始める授業改善
        「主体的・対話的で深い学びをどう実現するか」
2 講師    小林昭文(産業能率大学経営学部教授)

3 日時    大阪 10月20日(土) 13:00~16:00

          熊本 10月27日(土) 13:00~16:00
4    会場    大阪   コクヨ本社8階中会議室 

         熊本     尚絅大学

◎内容の詳細と申し込みは以下の「こくちーず」をご覧ください。

 大阪 https://kokucheese.com/event/index/539397/

 熊本 https://kokucheese.com/event/index/539415/

◎チラシは以下からダウンロードできます。

 配布していただけるとありがたいです。 

 大阪  http://al-and-al.co.jp/kokuyoseminer1/

 熊本  http://al-and-al.co.jp/kokuyoseminer2/

 f:id:a2011:20181006072706j:plain

f:id:a2011:20181007141517j:plain

楽しい打合せ

【授業研究】定期的に河合塾で会議を行っています。昨日は、その会議の前に別の打ち合わせをしていました。某県からの大きな研究会での講師依頼の中に、高大接続に関する情報提供とは別に授業改善に関するリクエストがあるとのこと。その部分を私にやってくれないかという依頼に応えて原案を事前に出して打ち合わせに行きました。

 持ち時間がそれほど長くないのでコンパクトにまとめてはいますが、その分かなり強烈なメッセージにもなります。河合塾の担当者からの意見がどうなるか、少々不安でした。冒頭「小林さん、これがいい!これで行きましょう!!」。

「担当の人との打ち合わせでも、現場は混乱していることがわかりました」

「授業改善の本質が見失われかけています」

「グループワークやればいい、やらなくてはいけない‥に振り回されている」

 等々の意見をいただき、方向性は概ねOKでした。大半の研修会講師の内容は1人で決めます。たまにはこういう打合せがあると本当に楽しくて、学びになり、自信になります。

※イベント概要です。拡散希望です。

1 イベント名称 Campusノートから始める授業改善
        「主体的・対話的で深い学びをどう実現するか」
2 講師    小林昭文(産業能率大学経営学部教授)

3 日時    大阪 10月20日(土) 13:00~16:00

          熊本 10月27日(土) 13:00~16:00
4    会場    大阪   コクヨ本社8階中会議室 

         熊本     尚絅大学

◎内容の詳細と申し込みは以下の「こくちーず」をご覧ください。

 大阪 https://kokucheese.com/event/index/539397/

 熊本 https://kokucheese.com/event/index/539415/

◎チラシは以下からダウンロードできます。

 配布していただけるとありがたいです。 

 大阪  http://al-and-al.co.jp/kokuyoseminer1/

 熊本  http://al-and-al.co.jp/kokuyoseminer2/

 f:id:a2011:20181006072706j:plain

f:id:a2011:20181007141517j:plain

振り返りとメタ認知

【授業研究】新しいイベントについて立て続けに宣伝しました。多くの方々からご協力をいただいています。ありがたいことです。今日はイベントの話はひと休み。

 最近、「主体的学び」と「メタ認知」を意識しています。色々な理論書は「主体性を高める」ことと「自己をメタ認知」することの密接な関係を述べています。私が高校物理授業で編み出してきた「質問で介入」はそのことを実現するスキルの1つなのだろうと考え始めています。

 そこで先週は大学の授業でこれを意識して働きかけてみました。すると、いつもなら「おしゃべり」で終わりそうなワークの雰囲気が変わりました。学生たちは「え?」「難しいよね」‥とつぶやきながらワークに取り組みます。

 ひと区切りしたところでも、私は「今はどうできましたか?」「自分はどうできたか?、自分たちはどうだったかを振り返ってみてね」と問います。学生たちは「え?え?どういうこと?」「うーん、もやもやするなあ~」「むず‥」と頭をひねります。

 終わってから、こういうワークは苦手だと言っていた学生が近づいてきて「先生、今日のワークは面白かったです。単なるおしゃべりじゃなくて、考えるということは難しいです。でも、勉強しているというか、トレーニングしているという実感があります。難しくて楽しかったです」と言ってくれました。

 単なるおしゃべりではなく、質の高い学びにするコツがひとつわかりかけてきました。

※イベント概要です。拡散希望です。

1 イベント名称 Campusノートから始める授業改善
        「主体的・対話的で深い学びをどう実現するか」
2 講師    小林昭文(産業能率大学経営学部教授)

3 日時    大阪 10月20日(土) 13:00~16:00

          熊本 10月27日(土) 13:00~16:00
4    会場    大阪   コクヨ本社8階中会議室 

         熊本     尚絅大学

◎内容の詳細と申し込みは以下の「こくちーず」をご覧ください。

 大阪 https://kokucheese.com/event/index/539397/

 熊本 https://kokucheese.com/event/index/539415/

◎チラシは以下からダウンロードできます。

 配布していただけるとありがたいです。 

 大阪  http://al-and-al.co.jp/kokuyoseminer1/

 熊本  http://al-and-al.co.jp/kokuyoseminer2/

 

f:id:a2011:20181006072706j:plain

f:id:a2011:20181007141517j:plain