「次になにをするのかを言ってくれるので‥」(3)

【授業研究】私が少し話したら、グループで「印象に残ったこと」「質問したいこと」を話し合って、質疑応答の時間を持つという形式は好評です。この形式への挑戦と試行錯誤はもう3~4年間になります。その途中でヒヤリとしたことをあげてこの項をひと区切りします。

 そのときは、実践発表する先生がいて、私はファシリテーター兼指導助言者のような立場でした。少し発表してもらって質問をもらう形式で進めることを発表の先生にも了解してもらって進めました。今ほど、私もスキルが高くなかったので、それほど質問が出てくるわけではありません。2度目か3度目に「では質問ください」と促して、少し沈黙がありました。すると発表の方が「はは‥」とひと言。ニヤリとしました。

 いかにも「質問ができない参加者を馬鹿にする」という雰囲気でした。私は参加者の前の方にいて、みなさんの表情が見える状態でしたから、この瞬間に参加者のみなさんが険しい顔つきになったのを見ることになりました。「最悪の瞬間」です。もう誰も質問を考える気なんかありません。「ふざけんなよ!」言わんばかりに露骨に横を向いてしまった人もいました。

 この時の学びは強烈でした。初めて「質問を考えたり、質問をする」形式の研修会に直面すると、誰もが多かれ少なかれ不安になります。「こんな質問をしていいのかな?」「質問したいけど手を上げるのが恥ずかしいな」などです。従って、どうしても「質問ください」と促した後に、ちょっと沈黙の時間がうまれがちです。

 この時に、その沈黙を馬鹿にするような態度を前に立つ人がやったら、アウト、だということです。「沈黙」は「考えている」か「迷っている」時間です。いずれにしても「真剣」なのです。それを馬鹿にする言動は絶対にしてはいけないと思っています。

 でも、「質問が出てこない」こともあります。その時は、どうするか。その対策は改めて別項目で取り上げることにします。(この項終わり)

「入門2」はこちら→ https://www.amazon.co.jp/dp/4382057477

f:id:a2011:20170719070800p:plain

 

「次になにをするのかを言ってくれるので‥」(2)

【授業研究】 ほぼワンウェイに近い形式であっても、生徒・学生や大人の参加者に「主体的・対話的で深い学び」を実現させる方法を、私は研修会講師として編み出してきました。この方法がかなり成果を上げていることは以下の2つの事実から確信できます。1つは昨日示したようにリフレクションカードの中に「安心して取り組めた」などのコメントが多数出てきていることです。

 もう1つは、どこの研修会でもたくさんの質問が出るようになってきていることです。管理職の方が「うちの学校でこんなに質問が出た研修会は初めてだ」「あの人が質問するのを初めてみた」とコメントすることが多いのは、その学校の特殊性や参加者の個性に関わらず、このやり方が成果を上げていると言えます。

 では、「じゃ、終わったら質問を話し合ってね」と言えばよいか。これは怪しいものがあります。私が意識していることや、経験してきたことをもとに補足をしていきます。

〈A スタート前のアイスブレークの必要性〉

 私の研修会では研修会が始まる前か始まってから「アイスブレーク」を入れています。初対面の方が多い場合には、研修会開始5分くらい前に以下のように説明します。「あと5分で始めますが、それまでの間に各テーブルごとに名刺交換や自己紹介をしておいてください」。それだけです。

 そのあと入ってきた方の中には私を見つけて「今来ました。今、何をやっているのですか?」と質問する方もいます。私は「おはようございます。よろしくお願いします。今、何をやっているかはご自分のグループの方に尋ねてみてください」と答えます。

 時には受付などにサポートしてくれるスタッフが揃っていることもあります。そのスタッフの方が、自己紹介が始まってから入室してくる人たちをテーブルに案内しながら、「今、自己紹介をやってもらっています」と説明してくれます。私は「しなくてよいですよ」とお願いしています。「もし聞かれたら、同じテーブルの人に尋ねてください」と言ってくださいと指示しています。

 なぜか。同じテーブルの人に「質問するきっかけができる」からです。「対話的な学び」が始まりやすいからです。自ら質問することで「主体的な学び」のきっかけにもなりうるからです。

 初対面の人がほとんどいない校内研修会の時は次のように指示します。「各テーブルごとに、いわゆるアクティブラーニングについて、〈知っていること、やっていること、うまく行っていること、困っていること〉などのどれかについて話してください。時間は5分です」。このようなアイスブレークがないとすぐには話し合うのが難しいようです。

〈B 最初は「印象に残ったこと」から発言が始まる〉

 狙いとしては「質問を考える」方が良いと思うのですが、いきなり「質問を考えてください」と指示すると沈黙が続くことが多くなります。何度も同じメンバーで繰り返している大学の授業であれば、ワークの後に「質問を考えてください」の指示でも有効なのですが、校内研修会などでは難しそうです。

 そこで「印象に残ったことや質問してみたいことについて話し合ってください」と指示しています。指示したのちにテーブル間を歩き回りながら話を聞いていると、大半のグループで最初に出てくるのは「〇〇の説明でびっくりしたなあ」「板書・ノートなしで成績上がるってすごいよねぇ~」などです。そうすると「あ、私もびっくりした」などの発言が続きます。初回はそれだけで終わるグループが多いような気がします。このあたりは、気を付けたいものです。(この項続く)

「入門2」はこちら→ https://www.amazon.co.jp/dp/4382057477

f:id:a2011:20170719070800p:plain

 

「次に何をするのかを言ってくれるので‥」(1)

【授業研究】研修会のリフレクションカードを読み続けています。しばしば出てくる「次に何をするかを言ってくれるので意識できてよかった」というコメントもとてもうれしいものです。

 最初に「目次」を示すのは当然のことなのですが、色々なワークを入れていくときに、次にどんなワークをするのか、その目的は何か、どんなことに気を付けてやればよいか‥などの説明をするから、参加した皆さんは「安心して取り組めた」「意欲的に取り組めた」ということのようです。

 特に簡単で効果的なのが「質問を増やすための説明」です。ワンウェイに近い形でやらざるを得ない場合でも私は次のようにします。

(1)パワポを使って説明する「ひとまとまり」を10~15分間にする。

(2)この時間はストップウォッチを使って、きちんと計測する。

(3)説明を始める前に次のように指示をする。

 「私の10分程度の説明終了後に、また今のグループで話をしてもらいます」

 「その時のテーマは、私の説明を聞いて〈印象に残ったことを共有する〉と、〈質問してみたいこと〉を共有する、です」

 「その時間は2分間です。そのあと質疑応答の時間を取ります」

 「では、始めます」(と言ってストップウォッチを押す)

(4)ひとまとまりの説明のあとは

 「では2分間話し合ってください」

 「時間です」

 「では、質問をください」と進行します。

 これにより質問がたくさん出てきます。その理由は以下にあると思われます。

(5)小林の話が終わったら「印象に残ったこと」「質問したいこと」を《話さなくてはならない》と意識するので、ほぼワンウェイに近い形での講義でも、意識的に取り組むことができる。

(6)2分間の「話し合い」の時間は「振り返りの時間」になる。自分が感じたことや気になったことを言語化する時間に、「振り返り」「気づき」が起きる。

(7)「質問してみたいこと」を話してみると、他の人が「それ私も質問したいと思った」「うん、私も気になった」などと言うので、自信をもって質問できるようになる。

 この効果はとても大きいものがあります。最近はどこの学校の研修会に行っても、 「こんなに質問がたくさん出る研修会は初めてです」「あの先生が質問するとは思いませんでした」などの声が上がります。

 ワークを全くやれない研修会でもこうすることで研修会の質はあがります。この方法は、高校・大学の授業でも使えます。「ワークをやることだけがアクティブラーニング」ではなく、生徒・学生に「印象に残ったことを話そう」と〈主体的に〉取り組ませ、他の人と短時間でも話すことで〈対話的な学び〉のきっかけをつくり、他の人の意見を聞いたり、他者の質問と回答を聞きながら〈深い学び〉を引き起こすことができるということです。

 授業者や研修会講師の皆さん、お試しください。(この項続く)

「入門2」はこちら→ https://www.amazon.co.jp/dp/4382057477

f:id:a2011:20170719070800p:plain

 

 

 

 

話す速度

【授業研究】研修会後のリフレクションカードを読んでいると私が話す速さについてのコメントがしばしばあります。

「小林さんの話す速度が速いので緊張感があり、よかった」

「話が速く、時々ついていけなくなりましたが、プリントがあるので理解できました」

「小林さんの繰り返しのない話し方は、すっきりしていて理解しやすい」

 カウンセリングの訓練をしている時は「ゆっくり」話すのが当たり前でした。これは、クライアントの気持ちを汲み取るうえでも、クライアントが自分自身を振り返り気づきを得るためにも必要なことです。「読み聞かせ」などでも、作品を聞きながらイメージを膨らませていくのには「ゆっくり」が必要だと思います。

 しかし、授業などで多くの生徒たちに「情報伝達」をするときは違うと思っています。テレビ等のニュースではアナウンサーたちの話す速度はかなり早くなっています。若い人たちyoutubeの動画講義を見るときには、「1.4倍速で見るのがフツー」と言います。試しに、私も録画したテレビのニュースを見るときには、1.4倍速で見ていますが、フツーに聞き取れます。「話す速さより、聴く速さの方が速い」ということです。

 「ゆっくり話す」「繰り返し話す」方が生徒たちは理解する、というのは条件次第です。私たちは必要に応じて、どちらのスキルも使えるようにする必要があると思います。

「入門2」はこちら→ https://www.amazon.co.jp/dp/4382057477

f:id:a2011:20170719070800p:plain

 

Eテレ「ニューベンゼミ」にまた出演します!

【授業研究】NHK Eテレテストの花道 ニューベンゼミ」にまた出演します。5月に放送された ♯45『疑問を持って、質問するチカラ』は好評で、5/8(月) ,5/13(土) の定例放送以外に3回も再放送されました。多くの高校の先生たちから、生徒に見せて「よかった」「役に立った」との声もいただきました。
 今回もその続きです。第2弾:#60「友だちと一緒に勉強」は生徒同士が「主体的・対話的で深い学び」を実現できるしくみを易しく面白く解説しました。どうぞ、ご覧ください。放送予定は以下です。
◎9/25(月)19:25~19:55、再放送9/30(土)10:30~11:00  Eテレ

◎下の画像は前回放送時のものです。

f:id:a2011:20170917214847j:plain

 「入門2」はこちら→ https://www.amazon.co.jp/dp/4382057477

 

のんびり、のんびり‥

【授業研究】金曜日と土曜日の2日間、ほとんど部屋に閉じ籠っています。研修会の原稿や、単行本の原稿や、やらなくてはならないことを少し考えては、別に移り‥予定の半分も終わりません。でも、時間的には余裕があるので、まあいいかという気分なのです。のんびりやっているうちに、それぞれの壁を乗り越えられそうな気がしています。

 台風の影響でじりじりする暑さも去り、しとしとと雨が降っているのも、気持ちが穏やかになります。いくつかの大きな課題に向けてぼんやりと方向性が見えてくる気がします。

 暇なので、アマゾン・ランキングを何度も見て、乱高下するランキングに一喜一憂しています。「入門(1)」が「入門2」の発売に刺激されて、一時かなり順位をあげたのですが、ずるずると下がってきました。「入門2」も下がるかな?と思っていたら、こちらはなかなか下がらずに頑張っています。一瞬、「学習指導分野」で第10位。うれしいことです。

f:id:a2011:20170916230510j:plain

「入門2」はこちら→ https://www.amazon.co.jp/dp/4382057477

 

 

 

「言葉がとてもきれい‥」

【授業研究】夏にたくさんの研修会講師を務めていたので、リフレクションカードを読む余裕がありませんでした。最近になって、ようやく目を通しています。

 その中でたくさんいただいたのが「話が分かりやすい」「無駄がない」などの感想です。中には「小林さんの言葉はとてもきれいで無駄がない。自分ももっと『言葉』を意識しようと思った」という感想もありました。

 「きれい」と言われたのは初めてだろうと思います。うれしいことです。ほめられただけではなく、私の話た方がきっかけで、参加された方が「言葉を大事にしよう」と意識してくれるのがありがたいです。

 授業者の基本的なスキル「言葉」です。最近の私にとっては研修会講師としても、本の執筆者としても「言葉」が大事と実感します。文学者のような情緒的な文章を書くことは目指していませんが、私が伝えたいことが多くの人たちに「ただ一つの意味として伝わる」「すらすらと理解できる」文章を使いたいと思っています。更に研鑽を重ねていきたいと思います。

「入門2」はこちら→ https://www.amazon.co.jp/dp/4382057477

f:id:a2011:20170719070800p:plain