耳が遠い人の問題?

【授業研究】少し前の研修会のリフレクションカードで気になっているコメントがあります。リフレクションカードの最後の質問「現在、お困りのことや、取り組みたいことについて教えてください」の欄に書いてあったことです。[以下、引用]

・昭和の人は耳が遠くなります。

・そして、聞こえないと言えない(そういう態度を身に付けている)ので、

 わかったふりをして勝手にしゃべり続け、

 会話をそういうものだと思って生きている人がいます。

・(聞こえていないのではないかと)指摘するとけんかになります。

・そういう教師が職員室で主導権を持っていて、でかい声でしゃべり続け、

 誰も止めないので、仕事になりません。

・管理職も見て見ぬふりです。

・生徒からの評判も同様です。[引用終了]

 自分が教員だった時に、そういえば、大声でしゃべり続ける人がいたなあと思い出す年配の先生たちが何人かいます。

 私自身も左耳に若干の聴覚問題を抱えています。高校生の頃にわかったのですが、特定の周波数に対する反応が少し鈍いのです。精密検査もしてもらったのですが、手術等の治療は困難であることと、さほど日常生活には困らないし、音楽専門職に就くわけでもないから「ま、いいか」とそのままにしています。その左耳は数年前から軽い耳鳴りが始まました。聴力検査では高校生以来の若干の聴力低下が毎回指摘されます。

 それなので「耳鳴り改善」「聴力回復の〇〇メソッド」なんて本があると立ち読みします。それを見ていると「最近耳が遠くなったと感じても、それを周囲の人に言えない」「聞こえないと言えないで分かったふりをしている」「それなので、時々、トンチンカンな反応をしているような気がしてストレスを感じる」‥などのコメントが並んでいます。

 私自身は聞き取れないことはあまりないのですが、正確に聞き取ろうといつも意識しているので、理解しにくい時はすぐに質問します。「〇〇なんですか?」「▢▢ってどういう意味ですか?」「え、もう一度言ってくれませんか?」という具合です。カウンセリング・トレーニングやグループワークなどのおかげか、私はこの種の質問はためらうことなくできるので、理解できない話題に「わかっている振りをしてストレスを感じる」ことはほとんどありません。

 しかし、ある程度の年齢になるとこの種の悩みを抱える人も多いのだろうと思います。定年延長や再任用などで高齢の先生たちが職場に増えると、必然的にこの問題は増えているのだろうと思います。本人にとっても、周囲にとってもデリケートな問題です。この問題は「存在していること」を多くの人たちが理解することが必要ですし、「聞こえにくくなることは恥ずかしいことではない」と本人も理解して、質問することも必要だと思います。

 研修会の時に、カードにコメントを書いてもらってグループで共有することがあります。そんな時には老眼の人のことを意識して「小さい字、薄い字が見えにくい人もいます。なるべき大きい字で濃い字で書いてくださいね」と案内します。次からは、聞こえにくい人のことも配慮しながら研修会を進めていこうと思います。

 ある本には「聴力低下の一因は本人が人の話を聴こうとしないから」と書いてありました。こうなると「鶏が先か卵が先か」になります。ただ、若い時から「人の話を丁寧に聴こうとすること」は大事だということも、研修会で触れていきたいものです。

 こういう高齢者に関わることを若い講師が言えば嫌味になったり、反発があるかもしれません。私自身が高齢者の域に入ってきたから言えることもあると感じています。このメリットはうまく活かしていきたいものです。

◎新刊予約受付中です。

アマゾンはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/4382057744/

f:id:a2011:20190822064657p:plain

小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp

完全休養日

【授業研究】先週はハードでした。月火水は徳島、木は埼玉、金は栃木。その移動中に翌週の原稿作成などもしていたので、かなりくたびれました。土曜日の朝は目が覚めても身体が重くて動かない状態でした。

 そこで1日を完全に休養することにしました。どうしてもすぐに返事をすべきメール以外は全部後回しにして、食べる・寝る・軽い散歩と小説を読むだけにしました。夕方にはだいぶ元気になり、お気に入りの本屋まで歩き、そばの喫茶店でコーヒーを飲みながら読書。今朝はすっきりです。

 67歳にしてはまあまあの体調だという気がします。来年度からどんな動きになるにせよ、体力はもっと鍛えておきたいと思っています。明日からの1週間の講師は3日ですが、次週と秋以降の講師として準備しなくてはならないことが山積みなので、今日は活動開始です。アマゾンの新刊紹介文も書き直さなくては‥元気になると、やりたいこと、やるべきことを次々に思い出します。

◎新刊予約受付中です。

アマゾンはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/4382057744/

f:id:a2011:20190822064657p:plain

小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp

 

 

栃木県総合教育センターに伺いました

【授業研究】栃木県には何回か伺っているのですが、今回は少し内容が異なっていました。研修会名は「教育相談指導者養成研修(高等学校)」でした。高校の先生たちのうち、ある程度の教育相談研修を受けている人たちをミドルリーダーとしてトレーニングするための講座です。十数人を年間5回センターに呼び出してそれぞれ1日研修をやっているとのこと。これはなかなかな力が入っていると驚きました。

 同時に私自身は教育相談・カウンセリングの理論やスキルをベースにして物理の授業改善や組織的な取組みをしてきましたし、最近では同じ基盤に立って組織的な授業改善を指導室続けています。その立場からは願ってもないほどうれしい研修会でした。

 何より、教育相談・カウンセリングの言葉が参加者全員にすんなり理解してもらえるのはとても楽なことです。約3時間もいただいていたのに、資料はどっさり。質疑応答もたくさん。結局、説明しきれない資料は参考資料で終わてしまいましたが、それでも皆さんは喜んでくださったようです。終了後には「来年度も」と声をかけていただきました。

 事前に大学での仕事は今年度で終わることを伝えていたのですが、「大学教授」でなくても講師に誘ってもらえるのはとてもうれしいことです。来年度の立場も予定も白紙ではありますが、この講師はできるだけお引き受けしたいものです。

◎新刊予約受付中です。

アマゾンはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/4382057744/

f:id:a2011:20190822064657p:plain

小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp

徳島県・家庭学会に伺いました

【授業研究】水曜日のことですが、徳島県・家庭学会に伺いました。昨年に続いて2年連続で呼んでいただきました。うれしいことです。私は家庭科はとても大事で、他教科との連携も広い興味深い教科だと思っています。

 大事というのは、少子高齢化・結婚率の低下・「おひとりさま」の増加などにより、一人で生活する人たちが衣食住を健康的・経済的に送ることができるスキル習得は必要不可欠だからです。

 また、総合科学・総合技術と言っても良い家庭科は物理・化学などの理論を応用した調理機器・薬品なども多用します。このあたりに授業で触れてもらえると、男子にも興味を持ってもらえると思っていますし、「総合的な探究の時間」への橋渡しも可能です。

 そんなことを少し織り込みながら、昨年よりは少し進んだ「新しい学び」を実現する授業の理論的な解説をしました。前夜の懇親会、終了後の飛行機までの食事会と幹部の皆さんとは実に長い時間を過ごさせていただきました。とても楽しい時間でした。

◎新刊予約受付中です。

アマゾンはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/4382057744/

f:id:a2011:20190822064657p:plain

小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp

アマゾン予約ページできました!

【授業研究】新刊の発売日が確定し、アマゾンの予約ページも開設されました。表紙はこれまでのシリーズの雰囲気を継承していますが、サイズは四六判からA5サイズへとひと回り大きくなりました。A4サイズのワークシートを二つ折りして挟み込んであるからです。まずはこのワークシートを見ていただくだけでも、ワクワクしていただけると思います。

 すでに「授業者を傷つけない振り返り会」を使っていらっしゃる皆様にも、これまでのワークシートに付け加えたものもあり、これまで以上に濃密な「振り返り会」を展開していただけると思います。

 以下は、アマゾンページの紹介文です。

はじめてアクティブラーニングに取り組むという方に対して贈る

大好評の入門書第三弾。
本書は、これまでの1巻、2巻で取り組んできた「個人」としてのアクティブラーニングをさらに進め、組織として授業改善を進めていくことをテーマに解説していきます。

「教科書が終わらない」
「成績が下がった」
「準備にくたびれた」
「生徒、保護者からクレームがきた」
「管理職からやめろと言われた」・・
など、アクティブラーニングを実践するためには、

個人として行っていくだけでは難しいのが現状です。
このようなことが起こる原因はアクティブラーニングに対して

「組織的な取り組み」が行われていないことにあると感じています。
本書では、これらの問題を整理し、現実的な打開策を提示していきます。

現場で使える実物大のワークシートがついて、

すぐにあなたの学校でもアクティブラーニングを組織的な取り組みに変えていけます。

◎アマゾンはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/4382057744/

f:id:a2011:20190822064657p:plain

 

国語授業に恐る恐る提案

【授業研究】徳島県高等学校教育県研究大会国語部会に講師として登壇しました。約90分間の持ち時間でしたが、いつものように「小林の話(10~15分間)→話し合う・質問を考える(2分間)→質疑応答(5~8分間)」を繰り返します。「では、質問をください」とお願いするとすぐに手が上がります。おかげで、リフレクションカードには「ホントに全然眠くなりませんでした!」のコメントがたさんありました。このパターンは今回のような階段教室でも、グループ席と変わることなく効果的です。

 私は「講演会」の時に、あまり物理以外の教科科目に対して具体的な提案をすることはありません。個別に授業を見せていただいて、個人的にアドバイスをすることはありますが、これは国語の授業の内容(コンテント)というよりも、基礎的な授業スキルについてです。昨日(8/21)は気になってきていることについて、少し提案をしました。

 その中で、恐る恐る提案したことが1つありました。それは「熟読だけを教えることを見直しませんか?」と「現代文の授業は受けても受けなくても大学入試の点数は変わらないと高校生や、時には教えている先生たちも同じことを言う現実を見直しませんか?」でした。お叱りの反論があるかもしれないとかなり緊張して話しました。

 ところが反論どころか、「なるほど」「確かに」「熟読の呪縛は確かにあると思います」「現代文の授業の無効果については私も感じ続けています」などの意見がたくさんありました。私は強烈な反論がなくてホッとしました。同時に、あまり言われることのない盲点(アージリスのダブルループ学習に沿って言えば「暗黙の前提」)を少し意識してもらえるようになった効果はあったようだと感じました。これは国語が専門ではない立場にいるから気づきやすいことなのだと思います。その参考になる書籍を画像で紹介しておきます。

f:id:a2011:20190821052147p:plainf:id:a2011:20190821052227p:plain

◎小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp

徳島に移動しました

【授業研究】徳島に移動しました。昨年、家庭部会の講師に呼んでいただき、今年は家庭部会と国語部会に呼んでいただきました。日程を連続にするためにあれこれと調整していただきました。7月には徳島県立川島高校に伺いましたから、2ヶ月続いて伺っています。

 元々は数年前に大阪で行ったセミナーに大学空手部の監督時代の女性部員に再会したことがきっかけでした。それから何年かして、彼女が教育委員会の指導主事になってから講師に呼んでくれたのです。これは実にうれしいことです。

 昨日は、移動後、国語部会の先生たちと懇親会。話が弾みました。剣道の先生がいたことから武道の話で盛り上がりました。最近の私は武道や空手について語り合う場面があまりないのですが、先週、お会いした某出版社の方は空手をやっていたので、久しぶりにその話題で盛り上がりました。2週続けて武道の話題をしているのも珍しいことで、それもとても楽しいことでした。

 さて、今日からは、徳島、埼玉、栃木と4日間連続の講師です。夏休みが終わって活動再開の気分です。

◎拙著のご案内です。

 アマゾンはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/4866141077

f:id:a2011:20180618201114j:plain

◎小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp