若手小中学校の先生たち

【授業研究】初任、2年目を中心とする小中学校の先生たち向けの研修会講師を務めました。数年前までならお断りしたのですが、最近は小学校・中学校の授業改善にも私のスキルや考え方が役立つという確信があります。

 昨日も戸惑い続けた人もいたようですが、「よかった」「すっきりした」と終了後に何人もの方が声をかけてくれました。これは本当にうれしいことです。私の授業研究と活動範囲が広がる実感があります。

 今日は中堅の皆さんを対象にした研修会。明後日はベテランと教頭先生を対象とした研修会です。色々な層の人たちとお話しするのも楽しみです。

「入門2」アマゾンはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/4382057477

 

f:id:a2011:20170719070702p:plain

「10日間連続出張」始まります

【授業研究】今日から出張続きです。それに先立つ昨日は、ぎりぎりの原稿を無事に仕上げました。先週、鳥取から帰ったときにはくたくただったのですが、昨日は1日家にこもっていたので、体力はだいぶ回復し、身体も楽になりました。体力はまだまだありそうです。(笑)。

 今日は午前中に逗子市教育委員会の研修会講師です。当然、小中学校の先生たちが対象です。4年前までの私なら、小中学校の授業は私の実践の範囲外だと思っていました。しかし、最近は小中学校の先生たちの研修会に呼んでいただくことが増えました。その校種での実践も私の授業をヒントにして成功しています。少し自信が出てきたところです。最近は、楽しみになってきました。

 午後は横須賀市市立横須賀総合高校に出かけます。ここでも新しいチャレンジを始めます。夜の会も予定してあります。1日中の予定ですが、楽しみがいっぱいです。

「入門2」アマゾンはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/4382057477

f:id:a2011:20170719070702p:plain

夏の最後のハードワーク

【授業研究】振り返ってみると、大学成績処理の後は、2週続けて2泊3日の出張。その合間に色々な打ち合わせと原稿作成。今日は移動なしですが、原稿4つを上げなくてはなりません。

 そして、明日から10日間で、11回の研修会講師と4つの会議!! うーん‥体力が持つかなあ?‥少々心配です。ただ、内容は楽しそうなものばかりです。無理してもこなしたいと思います。

 さて、仕事始めます。(-_-;)

「入門2」アマゾンはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/4382057477

f:id:a2011:20170719070702p:plain

中学校区コミュニティースクール

【授業研究】鳥取市立桜ヶ丘中学校に伺いました。2度目です。午前中は校内研修の2回目として「振り返り会」の紹介をしました。「越ケ谷高校授業研究委員会」が発明した、組織開発と授業改善を繋げる方法です。

 午後は桜が丘中学校区に所属する4つの小学校の先生たちも交えた研修会。2時間の講演会を行いました。夜は、このメンバーほぼ全員で懇親会。各テーブルは小中学校の枠を超えて配置され、みなさんが校種を超えて交流していました。

 この活動が始まってから、「小学校と中学校の対立がなくなった」「中1ショックがなくなった」などの効果があったとのこと。これは素晴らしいことです。コミュニティースクールと聞くと、各学校と地域のつながりととらえていた私ですが、学校と学校こそ、まずつながるべきだと感じました。

 懇親会では小学校の先生たちとも話すことができました。小学校4年生を担当している先生が「小林さんと同じ方法で授業やったら、とてもうまくいきました」と伝えてくれました。これは驚きの事実でした。ついこの前まで、中学校の実践も私とは関係なととらえていた私でした。それがこの数年の間に中学校でもほとんどかわりなく成功することはわかってきました。更に小学校4年生にも通用するのなら、私が実践してきた授業は、小学校から大学までどの校種でも通用する構造を持っていることになります。

 これは新しいチャレンジの大きなヒントになります。身体はくたくたですが、気持ちはとても前向きになりました。皆様、ありがとうございました。

「入門2」アマゾンはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/4382057477

f:id:a2011:20170719070702p:plain

65歳になりました

【授業研究】今日で65歳になりました。高校教諭を退職してから概ね楽しい日々を過ごしています。多くの皆さんに感謝しています。
 65歳目前にして少し考えました。今後の生き方と仕事の仕方について考えました。
かなり大きな変更を決意しました。ただ、具体的な内容は今はナイショです。数年以内にこの決意の中身は少しずつ表明していくことになると思います。私の行動や著作から理解していただけることもあると思います。
 この考え方のベースはキャリア発達理論の1つ=トランジッション理論にあります。
この理論では「キャリアデザインはトランジッション(結び目)が近づいたら考えるべきだ」と言います。
 その結び目が近づいているかどうかは、「変化」を見ればわかると言います。その変化とは何か。私は「違和感」「達成」「人間関係の変化(良くも悪くも)」「失敗」「行き詰まり」だととらえています。「そろそろ、ここにいる時間ではなくなって来た」「この場所より、別の場所に行く時期のようだ」と感じる事実が積み重なってきたら、この場所に綿々とすることなく「去る」方が良いと思っています。

 同時に「新しい世界に向かって挑戦したい」と思います。その方が、楽ですし、新天地を見つけることができると思っています。すでに私は片足を「新しい世界」に踏み込んでいるのかもしれません。あと10~20年たつと、「あれが大きなきっかけになっていたんだ」と気づくのかもしれません。

 昔なら、65歳は「冥土の旅への一里塚(一休禅師)」だったのでしょうが、「100年人生(リンダ・グラットン)」の時代には、「変身資産」を高め、「マルチ・ステージ」を展望する「他の年齢と大差ない、長い人生の中のワンステップ」でしかないと感じています。
 スティーブ・ジョブズスタンフォード大学卒業式の講演で「毎日、今日が人生最後の日であると思いなさい」と言っていますが、私は「明日も人生は続く」ととらえたいと思っています。ジョブズのようにとらえると「いずれ本当になる」のですが、それは毎回「空振りし続けて」最後に一回だけ「本当に」なります。

 「明日も続く」ととらえていると、毎回「期待通りに実現する」が繰り返されます。そのうち、「一回だけ」その予想は外れます。でも、それが最後です。「いつまでも続く人生」を「いつまでも、毎日毎日、明日のために無形資産を高めながら」生きていきたいと思っています。

刺激的な1日

【授業研究】研修会講師がない日は原稿執筆で一日中1人で机に向かっていることが多いのですが、昨日は1日中外に出て、人と会っていました。午前、午後、夜と3人の方とそれぞれ3~4時間話し続けていました。私にとってはとても珍しい1日でした。

 しかも、それぞれの話は私がこれまで積み重ねてきたことを、どう表現するか、どう多くの人の役に立つようにしていくか、という話です。私がやりたいことや、やっていたことを受け入れてもらえているのもうれしいことです。

 話が進むにつれて色々なアイデアもわいてきます。具体的にどう行動をとるかについての提案も出てきます。協力してくれる人や組織の話も出てきます。それほど無理をしなくても、すでに私が持っているものを活用すればよいこともわかってくるのは、気持ちが楽になります。

 モヤモヤし続けている時は動きが鈍くなります。どう動いてよいか見えにくくなります。その結果、停滞します。それらが、急に動き始める予感があります。流れに任せて、動き出そうという気になってきました。その意味では、良い夏休みになりました。

「入門2」アマゾンはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/4382057477

f:id:a2011:20170719070702p:plain

Tさんとオンライン相談

【授業研究】昨日は授業研究で刺激をもらい続けているTさんと久々にオンラインで会話。自分が考えていることを聞いてもらうためです。当然、「対話による気づき」を得るためです。ぴったり1時間。実に刺激的でした。

 自分がモヤモヤと感じていることが、実に狭い世界に入り込んでいることに起因している気がしました。昔は高校教師として仕事をしながらも、高校の外の世界を知っていたつもりでした。だから、他の人より柔軟な発想ができているつもりでした。

 それは、10年前のことなのだと痛感しました。偶々、今日も刺激的な出会いになりそうな予定が入っています。午前、午後、夜と3人の人に会う予定です。自分自身が何を感じるのか、楽しみです。

「入門2」アマゾンはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/4382057477

f:id:a2011:20170719070702p:plain