諦めていたけど‥

【授業研究】少し前のセミナーのコメントです。

「今まで話し合いが活発にならないクラスは「仕方がない」とあきらめていました。

 しかし、今日のセミナーで準備の工夫や、声掛けの工夫で、効果的になると学びました。改めて実践していこうと思います」

 たぶんこういう人は多いのだと思います。一生懸命にやっているのだけど、1つか2つのポイントが欠けていてうまくいかない。それが続くと諦めてします。そのポイントを教えてもらえば簡単に乗り越えることができるものです。

 現場に出かけていくことが多い私です。こういうポイントを多くの先生たちにわかりやすく伝えたいものです。

◎小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp  

◎「入門2」はこちら→ https://www.amazon.co.jp/dp/4382057477

f:id:a2011:20171225022745p:plain

25年ぶりの再会

【授業研究】昨年夏に上智大学カウンセリング研究所・研修講座の同窓会を25年ぶりに行いました。その時に、連絡はとれていたのですが体調不良で欠席だったTさんにお会いしてきました。

 現在は大学教授として活躍されているTさんがやっていることと、私が気になっている分野が重なっていたので、直接お会いして質問したかったからです。ちょっとのつもりでお会いしたのですが、話は延々つきません。5時間くらい語り合ってようやく別れました。25年ぶりなのに、プランクを感じないのが不思議です。

 次に会うのが楽しみです。

◎小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp  

◎「入門2」はこちら→ https://www.amazon.co.jp/dp/4382057477

f:id:a2011:20171225022745p:plain

【授業研究】先日、逗子市立沼間小学校での小学校・中学校の先生たち合同研修会のときにうれしいことがありました。それは、私が講師で継続的に行くということで、私の著作を何冊も購入してくださっていました。

 その中に、「これならできる!授業が変わるアクティブラーニング〈1〉~〈4〉」(小林昭文監修/汐文社)がありました。これは4巻シリーズの絵本です。私としては子どもたちのためにも、保護者や先生たちのためにもとても良い本だと思っているのですが、高くて個人的にはなかなかおススメできない状態です。図書室でないと無理だろうと思っています。小学校で購入して図書室においていただいたのはうれしいことでした。

 更に研修会冒頭の講師紹介の中で、教頭先生がこの絵本のことを「とてもわかりやすく授業改善の意義や必要性を書いてあります。子どもたちのためだけでなく、先生たちにも是非読んでいただきたい本です」と説明してくださいました。ありがたいことでした。この本が売れるといいなあ~と思っています。

◎アマゾンはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/481132319X/

f:id:a2011:20171031050921j:plain

◎小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp  

◎「入門2」はこちら→ https://www.amazon.co.jp/dp/4382057477

 

大学の授業改善

【授業研究】久々に11年前に大幅な物理授業改善を進めた時に似た取り組みを楽しんでいます。大学で担当している数学の授業です。就活のSPI対策の授業です。これまでにも少しずつ改良してきてはいるのですが、自分自身でもイマイチの感がありました。

 今回のきっかけはクリッカーです。半ば強引に押し付けられた実験なのですが、やり始めて見ると面白くなってきました。以前に使ったときには諦めていた機能を、サポートしてもらったおかげで、使えるようになりました。

 更に、こういう時は学生の声が大事と経験からわかっているので、リフレクションカードを丁寧にとり続けています。

 先週はプログラムが特殊だったので、これをチャンスと導入実験をしました。今週は本格的に使ってみました。火曜日と木曜日に同じ授業がありますから、実験的な授業としては繰り返しが増えるので有利です。火曜日はPCやクリッカーの不調や私の操作ミスが重なり、ボロボロでした。

 昨日の木曜日はその失敗を基にかなり改善して再チャレンジ。かなりうまく行きました。いくつかのミスは今後の改善のヒントになりました。何より学生のコメントが役に立ちました。「(成果者のリストを表示して励みになるようにしたつもりなのですが)名前を出すのはやめてほしい」が続出。うーん、それってどういうことなの?という気もしますが、次回は変更して感想を聞いてみようと思います。それ以外の工夫についても賛成意見・反対意見が多く出てきました。反対にしても、コメントが多く出るのは良いことだと思っています。

 もっともうれしかったのは「面白い」「集中できた」が非常に多かったことです。後期にはスマホを用いたクリッカー導入のうわさもありますが、その前に単独機器としてのクリッカーを充分に使いこなして、新システムとの比較をしてみたいものです。いつも思うことですが、機械の振り回されるのではなく、授業そのものの丁寧に研究していきたいものです。

◎小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp  

◎「入門2」はこちら→ https://www.amazon.co.jp/dp/4382057477

f:id:a2011:20171225022745p:plain

都立町田高校に伺いました

【授業研究】標記の高校に伺うのは昨年秋以来、2回目です。前回伺ったときに意気投合した先生の授業をひとコマ見学して、90分間の予定の研修会に臨みました。予定が変更になり、75分になりましたが全日制・定時制の先生たちがお集まりで、濃密な75分間になりました。

 終了後、校長室でお茶を飲んでいると、「いや~面白かった!」という声が次々。「会場を出ていく人が『いや~、充実していたから』と言っていたよ」

定時制の人は、『今日の授業で早速やってみよう』なんていう人もいました」

などの声もありました。うれしいことです。

 夜の懇親会も盛り上がりました。次は11月に伺います。

◎小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp  

◎「入門2」はこちら→ https://www.amazon.co.jp/dp/4382057477

f:id:a2011:20171225022745p:plain

「就職決まりました!」

【授業研究】用があって研究室から教務課へ移動していると、遠くから学生が声をかけてきました。「小林先生!研究室に伺おうとしていたんですよ~」と急ぎ足で近寄ってきます。1年生の時の基礎ゼミで私のクラスにいた学生で、現在4年生です。

 「久しぶり。どうしたの?」「就職決まりました」「おお、おめでとう!どこに?」

「〇〇銀行です」‥とのこと。彼の地元の優良企業です。1年生の時の面談の際にも希望進路の1つに挙げていたと思います。

 こういう機会はとてもうれしいものです。4年生の就活もそろそろ終盤。みんなが無事に希望進路を実現できることを祈ります。

◎小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp  

◎「入門2」はこちら→ https://www.amazon.co.jp/dp/4382057477

f:id:a2011:20171225022745p:plain

逗子市沼間小学校に伺いました

【授業研究】逗子市教育委員会のスーパーバイザーとしての仕事の1つとして、沼間小学校と沼間中学校に重点指導をすることになっています。昨日は、沼間小学校に沼間中学校の先生たちも合流して、初めての合同研修会を行いました。

 総勢約50名。椅子だけの会場で5人グループを作って、対話的な学びを中心とした90分間の研修会となりました。この形は初めてでしたが、アットホームな感じて楽しくやれました。終了後、担当の方からの第一声は「楽しかった!」でした。それが一番うれしいことです。

◎小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp  

◎「入門2」はこちら→ https://www.amazon.co.jp/dp/4382057477

f:id:a2011:20171225022745p:plain