教師のスキルの問題点

【授業研究】色々な学校で指導していて、「授業の構造を変える」「資料作成方法を帰る」ことの必要性を力説していますが、それらは「1人でできること」です。しかし、「生徒たちにわかりやすい指示・説明をする」「対話を促進する働きかけ方をする」などは対人関係のスキル、グループワークのスキルです。これはなかなか難しいことです。これらをどう整理して、どんなトレーニング・メソッドにしていくかはなかなか難しいハードルです。

 この種の問題を考えていくうちに、もう一つの課題が気になり始めました。これらのスキルを仕事中のどの場面で使うか、です。営業の人は「お客様」と会っている時に営業スキルを使います。しかし、「お客様」と会っていないときは「素の自分」に戻って仕事ができる気がします。窓口営業の人は窓口に出ている時は「お客様」に笑顔で接し、クレームには頭を下げます。要するにある程度の「オフ」の時間があるような気がします。

 これに比べると教師の仕事は少なくとも学校にいる時には「オフ」がつくりにくい気がします。小学校の先生は1時間目から6時間目まで担任しているクラスの教室にいます。給食の時間も子どもたちと一緒です。中学・高校の先生たちはそれほどではないにせよ、休み時間や放課後も生徒や保護者と関わることが多くあります。夜や土日に生徒や保護者からの電話に対応することもあります。こうなると「教師として自分」と「オフの自分(素の自分)」の使い分けが難しくなります。

 この状態への対応のひとつが「いつでも素の自分で対応する」ことなのではないかと思い始めました。ビジネス社会にいる人が「ビジネスパーソンとしての自分」と「オフの自分」をきっぱりと使い分けているのは「お見事」と感じることが多々あります。教師はこれが難しいから、「オン」の時も「オフの自分(素の自分)」で対応するという方法があるような気がしてきました。一種の自己防衛です。

 しかし、それをやると「プロの教師」にはなりにくくなります。何年たっても「プロ」と言えるスキルを身に付けることができない気がします。教員経験10~20年あたりで授業スキルが伸び悩むように見えるのもそのせいかもしれません。

 この「オンとオフの境目のなさ」は別の問題も引き起こします。「オン」の時も「オフの自分(素の自分)」て活動しているつもりでも、子どもや保護者からは「先生」と言われるし、その立場に応じて接してくれます。これにいつの間にかなじみます。「オフの自分(素の自分)」のつもりの部分が、いつの間にか「先生らしい雰囲気」になってきます。区別しないでいるので、自分自身にこの変化が起きていることにも気づきにくいことになります。その結果が、学校の外に出かけると「いかにも先生らしいですね」「なんか先生的な態度ですね」と言われることになります。時には「先生風を吹かせる嫌な奴」と嫌われることにもなります。

 私はこの問題は「意識して身に付けるスキル」と「無意識に身に付いてしまう癖」との違いだと理解しています。更に言えば「意識して身に付けたスキル」が「オフの生活」にも活かせるようになればもっと良いのだと思います。そんなことを考え始めています。

◎新刊(2018/7/1発売)のアマゾンはこちら↓

 https://www.amazon.co.jp/dp/4866141077/ref=sr

f:id:a2011:20180618201114j:plain

◎小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

先生たちに必要な基礎スキル

【授業研究】この1年間、小中学校も含めてたくさんの授業を見学させてもらい続けています。それもできるだけ研究授業のような「特別な授業」ではなく、普通の、いつもの授業を、なるべくなら廊下から、見学し続けています。その方が、先生や生徒たちの「日常」が観察できると考えているからです。

 その中で感じ始めていることは、アクティブラーニングの名のもとにペアワークやグループワークが盛んになり、それらの活動の質が問題にされていますが、それ以前の問題の方が多いのではないかと言うことです。思いつつくままに列挙すると以下の事柄が気になります。

・始業時に先生が教室に入っていない。

・本論に入る前に5~10分間の「前置き」がある。

・教科書やノート等を見ながらうつむき加減で説明する。

・板書しながら黒板に顔を向けたままで説明する。

・説明の際に腕組みをして仁王立ちで説明する。

・視線が生徒に向かうことなく後方の壁や窓や天井ばかりに向く。

・生徒にワークをさせている時も教壇から離れない。

・生徒にワークさせている時に生徒たちを全く見ていない。

・生徒にワークをさせている時にプリントの整理など別のことをやっている。

・終盤で2~3分時間が余るとだまっている。生徒も黙らせる。

・終業のチャイムの後も平気で説明を続ける。

 これらのことをきちんとできない先生たちに、「質の高いワーク」を実践させるのはとても困難なことです。いくつかの段階に分けて、先生たちの「基礎スキル」をわかりやすく整理するべきではないかと思い始めています。

 その土台には「社会人としての基礎スキル」「指示・説明をするための基礎スキル」「クラス・グループ・個人を観察する基礎スキル」などの伝統的な授業でも必要だったスキルが基盤にあると思っています。その上に「生徒たちの対話を促進するための基礎スキル」や「振り返りや気づきを促す基礎スキル(私はこれが深い学びを促進するのに欠かせないと思っています)」などが必要だと思います。

 これらを整理して先生たちが自己チェックや相互チェックできるようにしたいものだと思い始めています。

◎新刊(2018/7/1発売)のアマゾンはこちら↓

 https://www.amazon.co.jp/dp/4866141077/ref=sr

f:id:a2011:20180618201114j:plain

◎小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp

 

津田学園での指導

【授業研究】1/31に続いて、たくさんの授業を見学してアドバイスをすることにチャレンジしました。年齢や教員経験年数を知ることが大事だということもわかってきました。30代~40代で伸び悩みのような壁があることも見えてきました。逆に教員経験3年未満でも、とてつもなくうまい人がいることもわかりました。

 この方法で見ていくことで個々の先生たちに具体的・個別的な指導が必要なこともわかりました。今後の私の活動に大きな力を得たような気がします。

◎新刊(2018/7/1発売)のアマゾンはこちら↓

 https://www.amazon.co.jp/dp/4866141077/ref=sr

f:id:a2011:20180618201114j:plain

◎小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp

現場と現場のつながり

【授業研究】高校の先生で私の授業モデルと同じ形式で社会科の授業をやる人はいないのだと思っていたところ、昨年知り合った近畿地方のA高校の歴史の先生が私のモデルの通りにやって成果を着々と挙げています。その話を、同じ近畿のB高校で講師を務めた時にちらっと話したら、B高校の先生たちがA高校に見学に行かれたそうです。

 A高校の先生からの連絡に寄れば、「どうして私のことを知ったのですか?と尋ねたら、小林先生から、と聞いてびっくりしました」とのことでした。「小林先生の話をベースに少し私のアレンジを付け加えて説明しました」とありました。お互いに良い刺激を得てくれたようです。うれしいことです。

 中学校の社会科でも私のモデルが広まっています。うれしいことです。

◎新刊(2018/7/1発売)のアマゾンはこちら↓

 https://www.amazon.co.jp/dp/4866141077/ref=sr

f:id:a2011:20180618201114j:plain

◎小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp

桑名で懇親会

【授業研究】翌日の朝からの研修会講師のために、桑名に移動しました。長年の友人Sさんを呼び出して、桑名で飲みました。最近の私の新しい発見や実践についても語り合いました。ちょっと飲みすぎたかな‥

◎新刊(2018/7/1発売)のアマゾンはこちら↓

 https://www.amazon.co.jp/dp/4866141077/ref=sr

f:id:a2011:20180618201114j:plain

◎小林のHPはこちら。研修会講師のご依頼もこちらからどうぞ。

  →http://al-and-al.co.jp

疲れから回復‥頭のトレーニング開始

【授業研究】たぶん日曜日から月曜日にかけて20時間くらい断続的に寝て、だいぶすっきりしました。疲れが回復してきたので、「スマホが学力を破壊する」を読んで恐ろしくなったので、原稿用紙に文章を書く練習を始めました。

 私が文章を真面目に書けるようになったのは大学生のころ夢中になっていた空手の大先生のおかげです。当日は当たり前のことですが、文章を書くのは「原稿用紙に万年筆」でした。弁証法の本を書き写し、要約し‥を繰り返しました。1日に十数時間机に向かって書き続けていました。ペン胼胝(だこ)ができ、潰れて、原稿用紙が血まみれになり、それでも書き続けていました。

 その理由は大先生に「アタマが悪すぎる」と叱られ、「どうすれば頭は良くなるのですか?」と質問すると、「こうやれ」と教えてもらった方法が、テキストを読み、書き写し、要約する方法だったのです。あとで知ったのですが、作家を目指す人たちには良く知られた方法だったようです。大学の夏休みの約2か月間、外出もほとんどせずにこの訓練を続けました。その成果はてきめんでした。論理的に話ができるようになりました。人の話を的確に把握し、理解したり、欠陥を指摘したりできるようになりました。

 そんな過去を持っていたのに、この10年くらいはほとんどワープロで書くようになりました。時間があればスマホを触るようになっていました。電車に乗ればスマホで音楽を聞きながら、チャットをしたり、メールを読んでいます。

 これをやめることにしました。久々に万年筆を探し出しました。カートリッジインクがないので文房具屋に出かけると、万年筆やペン・インクのコーナーが小さくなっていることに気が付きます。コンビニには原稿用紙はなくなっていました。アマゾンで購入しました。漢字もスマホで調べるのはやめようと、昔使っていた「用字便覧」を本箱の隅から掘り出しました。20~30年前に戻った気分です。さてさて、どれくらい頭が回復するものやら‥。

f:id:a2011:20190201053954p:plain